ソメイヨシノといえば日本の国花である桜の代表的な種類です。
春になれば華やかに咲き乱れます。

きれいな花ではありますが、しかしながら、いつも疑問に思っていたことがあります。

ソメイヨシノは一斉に咲いて、一斉に散りますよね?
もちろん、地方によっては異なりますが、場所が同じであれば、一斉に咲き乱れ、一斉に散る。
それが、華やかさや花吹雪につながっているのだと思います。

でも、こんな花は他に見当たりません。
そこで、調べたところ、なんとソメイヨシノは全てクローンだからというのです。

ここでは、ソメイヨシノの起源について分かりやすく説明いたします。

全てのソメイヨシノは一本の木から

ソメイヨシノの遺伝子解析による研究の結果、ソメイヨシノの起源はエドヒガンザクラ(母種)とオオシマザクラ(父種)の交配よって、人工的に作られたということが分かっています。

ソメイヨシノがいつできたかというのは、諸説ありますが、有力な説は、江戸時代の植木屋さんが交配して作成したものです。意外と新しい木なんですね。

この一本の木から現在の全てのソメイヨシノにつながるというのです。

なぜかといいますと、桜は自家不和合性といって、同じ種類の桜の花粉では受粉しないシステムのためです。

つまり、ソメイヨシノが受粉できるのはソメイヨシノ以外の桜となり、これはソメイヨシノではなくなってしまいます。

したがって、ソメイヨシノを増やすためには、他の桜の木に人の手でソメイヨシノを接ぎ木するしかないのです。

こうやって、同じ遺伝子のソメイヨシンが人工的に増えていくというわけです。

ソメイヨシノの名前の由来

最初は吉野という名前で売り出したのですが、奈良の吉野山のヤマザクラと紛らわしいとのことで、明治33年に染井吉野と変更しました。

おそらく、最初に吉野としたのは奈良の吉野山のブランドの力を借りたかったのかと思われます。

ソメイヨシノはなぜ植えられたのか

ソメイヨシノは日本全国、外国にも多くみられますよね。接ぎ木という手間がかかるのに、なぜこのように広まったのでしょうか。

理由は2つ考えられます。

きれいだから

ソメイヨシノは他の桜と比べて大きな花が、葉より先に華やかなピンク色で咲きます。
単純に人が見てきれいだから、好まれました。

成長が早い

ソメイヨシノは他の桜と比べて成長が早いです。植樹して早くお花見がしたいというニーズに合ったものと思われます。

ただ、その成長の速さ故に都会では、建物に近い場所などは、土台を傾けてしまうこともあります。

まとめ

◆ソメイヨシノは江戸時代の植木屋さんによって作られた。

◆桜は同じ種類では受粉できないので、同じ親から接ぎ木しているクローンである。

◆ソメイヨシノはきれいで、成長が早いため広く植樹された。

スポンサーリンク