VHSデッキ最後のメーカー 船井電機が生産終了

最近はあまり目にしませんが。VHSビデオ再生用デッキが生産終了とのニュースが入りました。

国内の最後の生産メーカーは船井電機です。2016年7月末で生産終了となります。

 

VHSとは

 

最近こそ、映像の録画はハードディスクやDVDが主流ですが、かつてはVHSテープが主流でした。

ベータ、8ミリ、LD、VHDなどさまざまなメディアとの競争があり、特にソニーを中心としたベータ式との争いは激しかったですが、トップシェアを確保したのはVHSテープです。

ビデオテープ

1970年代から普及が始まり、1992年には全世界で3.7億台存在していました。

但し、2000年代に入ってからは、主役はDVDやハードディスクレコーダに移っていきます。パソコンの普及、高精細テレビ放送やBlu-ray Discの登場、デジタルテレビ放送の開始といった「デジタル時代」・「ハイビジョン時代」の中で、対応できないVHSは徐々に需要を失っていったのです。

 

なぜ、生産終了するのか

 

VHSビデオテープ自体は、まだまだ存在しています。レンタルビデオ店にも在庫はありますし、みなさんの家庭にも残っていますよね?

現在も、年間2万台程、売れているそうです。では、なぜ生産終了となるのでしょうか?

理由としては部品の確保が難しくなり、「やめざるを得なくなった」とのことです。

需要が無くなるにつれて、市場が縮小し、部品を生産する工場も少なくなっていったと思われます。なんとなく、これからのガラケーの置かれる状況に似ていますね。

ガラケーとスマホ

 

VHSビデオテープを見たい時は

 

先ほど、お話しした通りにVHSテープ自体はまだまだ存在しています。

これからは、VHSを見たい時はどうすればよろしいでしょうか。

ご自宅にVHSビデオデッキがある場合は、もちろんそれでご覧できます。実は、私の家にはまだVHSビデオデッキがあるので、問題ないんですね。(^^;

では、そのVHSビデオデッキが壊れたらどうするか。

船井電機では、修理のための部品は確保しているため、修理することはできるということです。

また、パナソニックでも修理用の部品の保有期間は原則8年とありますが、部品が残っている製品の場合は修理に応じるとのことです。

まずは、あきらめずにメーカーの窓口に相談しましょう。

DVD

では、もうVHSビデオデッキは無いという場合ですが、VHSからDVDへのダビングを代行する店があります。

インターネットで’VHS DVD’で検索するとヒットします。このダビングしたDVDで見ることができます。

VHSテープは劣化してしまいますので、大切な映像は早目にDVDへダビングをした方が良いかもしれません。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ