クーデターとは? わかりやすく説明します。

2016年7月に親日国家であるトルコでクーデターが発生しましたが、未遂で終わっています。

その前では、2014年5月にタイでクーデターが発生しました。

タイではよく発生しますね。前回の政権交代もクーデターが関係していました。

クーデターという言葉よく聞きますが、正しい定義はなんでしょうか?

 

gunntai
◆クーデターをわかりやすく説明すると

語源はフランス語の「 coup d’État」です。言葉の意味は「国家への一撃」とか、「国家に対する不意打ち」です。
クーデターとは武力を行使するなど非合法的な手段によって現行の政府を倒し、政治的権力を奪い取ることです。

民衆の不満を背景にしたり、権力闘争から政権内の軍部が暴走する例が多いです。

現在の民主主義国家は(独裁国はべつですよ)議会制民主主義を取り入れているため、主権は国民にあります。

で、国民は選挙で政権を選択する権利を与えられています。
したがって、軍事力で政権を奪い取るという行為は、民主的でないため、国際的に批判されることが多いです。

また、クーデターは局所的に発生するため、中央政権が軍事力で奪取されたとしても地方勢力がそれに従うとは限りません。
クーデターが成功しても一時的なものになったり、地方勢力の反撃によって失敗に追い込まれることもしばしば見られます。

ただし、ミャンマー(旧ビルマ)ようにクーデータによって、樹立された政権が
その後、国民に選ばれそのまま国家を統治する例もあります。

◆革命とどう違う?

クーデターと革命も武力によって、権力を掌握することは一緒ですそれでは同じものなんでしょうか?

革命は政治理念の抜本的な改革を行い、政治権力や社会制度などの体制そのものの変革を目的とします。

クーデターでは支配階級内部での権力闘争であり、既存の支配勢力の一部が非合法的な武力行使によって交代するものです。
政治的の枠組みは変わらずに権力者が交代するのみですね。

 

◆日本では?

わが日本の主なクーデターと言われているものはどんなものがあるでしょうか。
大化の改新、明治維新が日本の二大クーデターです(誰が決めた?)
解釈がわかれますが、その他に以下のようなものがあります。

本能寺の変 (織田信長 → 明智光秀)
豊臣秀吉によりあっけなく失脚。

平治の乱 (1158年) (後白河上皇 → 藤原頼信・源義朝)

治承三年の変(1179年)(後白河法皇 → 平清盛)

明応の政変(1493年)  (足利義稙 → 細川政元)

二・二六事件(1936年) 陸軍青年将校らが「昭和維新」を掲げて決起。失敗に終わる

この他未遂事件として有名なのは三島事件(1970年)です。
作家三島由紀夫が結成した右翼団体「盾の会」メンバー4人が陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地を訪れ、益田東部方面総監を監禁。
自衛隊に対し決起を促すものの、呼応する者なく失敗し、総監室で森田必勝らとともに切腹自殺。

いまでは考えられないですが、現代の平和な日本にも数々の歴史の上で成り立っているんですね。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ