脳動脈瘤の原因はストレス?

元おニャン子クラブの新田恵利(46)さんが、脳動脈瘤であることを告白して、
衝撃が走りました。

破裂すると、「クモ膜下出血」となり、最悪、半身不随、命をなくす可能性もあります。
そんな怖い脳動脈瘤ですが、どんな原因でなるのでしょうか?

◆脳動脈瘤とは

脳動脈瘤とは、簡単にいうと、脳の血管(脳動脈)にできる「血管のこぶ」です。

脳の表面にはたくさんの血管が走っており、まるで木の枝のように、
太い幹となる血管から細い血管が枝分かれして脳組織に血液を送っています。

「 血管のこぶ」はできただけでは何の症状もないのが通常ですが、
ある日、突然、破裂して「クモ膜下出血」を起こします。

◆脳動脈瘤ができる原因

殆どの脳動脈瘤は先天的なものです。
動脈壁に存在する生まれつきの異常が原因となります。

つまり、脳動脈瘤は、ある種の遺伝的な疾病を持つ人たちによく見られますということです。
例えば、結合識の病気や多発性嚢胞腎、脳動静脈奇形のようなある種の血管系疾患です。

その他の原因として、頭部の外傷、高血圧症、感染、腫瘍、動脈硬化症(動脈壁に脂肪が沈着して発生する血管の病気)、
血管系のその他の疾患、喫煙、薬物乱用などが挙げられます。

ストレスといっても、心理的なストレスより、脳の血管へのストレスがよくないということです。

リラクゼーションガイドブック



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ