高血圧の治療方法 

今、日本での高血圧の患者は何人いると思いますか?
厚生労働省が3年ごとに実施している「患者調査」の平成20年調査によりますと、
高血圧の総患者数は、796万7,000人でした。
性別にみると、男性334万人、女性464万3,000人です。

ここでの「患者」とは、継続的に治療を受けている方です。
ですから、血圧が高いにも関わらず、治療を受けていない方は
この人数にはいりません。

潜在的な「患者」を含めると、高血圧の患者はもっと多くなります。
まさに国民病といってもおかしくないと思います。

◆減塩療法
高血圧の治療というと、まず、食事療法があります。
いわゆる、減塩ですね。

成人の一日の食塩摂取りょうは10gと言われます。
高血圧の患者さんはそれを6gの抑える必要があります。

6gというとラーメンをスープまで飲むと6gになります。
また、味噌汁は1杯2gですので、3食飲むとそれだけで、
一日の目標摂取量となります。

結構、厳しいですよね。
また、最初の頃は味気ない食事がつらいといいます。

sio

◆運動療法
次に運動療法です。
血圧と内臓脂肪の関連性があるため、運動により、降圧効果が得られ、高血圧症が改善されます。

運動の頻度はできれば毎日定期的に実施し、運動量は30分以上、強度は中等度(ややきつい)
有酸素運動が一般的に勧められています。

でも、働き盛りのあなたには、現実的ではないですね。
また、血圧が高い状態での運動は危険性も伴います。

daietto

◆投薬療法
今までのの二つの生活習慣の見直しでも降圧の効果が無い場合、
いよいよ投薬となります。

多くの方が誤解していますが、薬では高血圧は治りません。
血管を拡張したり、血圧を上げるホルモンを抑制したりする対処療法です。

したがって、高血圧の薬は一生のみ続けなければならないといわれるわけです。
血圧がすぐ下がるというメリットがあります。

しかし、デメリットとして、薬の副作用(発疹、頭痛、めまい、咳、冷え、関節炎、
性欲減退、性的不能など)があります。
降圧剤に限らず、薬にはつきものですね。

また、脳内への血流が少なくなるため、ぼーっとしたり、
痴呆性症状が出やすいと言われます。

経済的にも、薬の量にもよりますが、診療費と合わせて、
保険の3割負担でも月5,000円ほどかかります。

これが、一生続くとなると結構キツイものがあります。

kusuri
中年以降になると、掛かる可能性が高い高血圧。
しかし、厳しい食事療法、無理な運動療法、副作用が怖い投薬療法・・・
これらが、不要で3日で効果がある方法があるとしたらどうでしょうか?

 

【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

 

今までの製薬業界、医療業界で作られた常識にとらわれず、 実績があり、リスクが無い方法です。

具体的にな方法は購入してご確認ください。

今まで、30年以上にわたり、3,000人以上の方に効果が認められています。

勿論、現在の治療方法と並行して実施することも可能です。

価格は29,800円です。 ちょっと高価と感じるかもしれませんが、

降圧剤を一生飲み続けることを考えるとくらべものになりません。

また、これで健康が手に入ると考えると、 お金では替えられないものですね。

万が一、効果が無い場合は、全額返金保証もあります。 高血圧に悩む方には、購入しない理由がありません。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ