高血圧の症状

厚生労働省が3年ごとに実施している「患者調査」の平成20年調査によりますと、
高血圧の総患者数は、796万7,000人でした。
性別にみると、男性334万人、女性464万3,000人です。
意外なことに女性の方が男性より1.4倍も多いんですね。

ここでの「患者」とは、継続的に治療を受けている方です。
ですから、血圧が高いにも関わらず、治療を受けていない方は
この人数にはいりません。

潜在的な「患者」を含めると、高血圧の患者はもっと多くなります。
まさに国民病といってもおかしくないと思います。

しかし、症状がはっきりしないため、治療にはなかなか、
行きにくいのが、高血圧。
知らないうちに、長年かけて血管を痛めていきますので、サイレントキラーと言われる
ゆえんです。

では、高血圧の症状とはどういうものでしょうか。

◆高血圧の症状

自覚症状はほとんどありません。
定期的に血圧を測定して、判断するのが、唯一の手段です。

血圧は体調、精神的な要因で上下いますので、一時的に血圧が高いことは
健康な人でもあることです。

健康診断等で疑いがあると言われたら、できれば毎日、自宅で血圧を測って
診断するのが、一番です。

ちなみに、自宅で血圧した場合の高血圧の基準は以下の通りです。

・高血圧の基準(家庭血圧)

若年者・中年者   収縮期血圧 125mmHg/拡張期血圧 80mmHg
高齢者       収縮期血圧 135mmHg/拡張期血圧 85mmHg

なお、診察時血圧といって、病院で測定する血圧の基準は+5mmHgです。
病院では「白衣高血圧」といって、緊張のため、
血圧が上がる方がいるためです。

zutuu

高血圧の症状はほとんどないですが、まれに、頭痛 ( 後頭部から肩にかけての痛み ) 、
肩凝り、耳鳴り、めまい、動悸、吐き気、手足のしびれ等を訴える方がいます。

但し、それが、高血圧になる前から発生している症状か、高血圧との因果関係があるかは、
しっかりと病院で診断してもらう必要があると思います。

◆高血圧症の合併症

高血圧を治療せずに放置すると合併症が発生します。
これが怖いんですね。主な合併症は以下の通りです。

・高血圧性
脳症著しい高血圧によって脳浮腫が起こり、脳機能が一過性に低下します。

・脳出血
高血圧により脳血管が破れて、脳出血を起こします。

・クモ膜下出血
高血圧により脳血管に動脈瘤が出来、破裂してクモ膜下出血を起こします。

・心肥大・心不全
高血圧が長期間続くと心肥大が起こります。
最後には心不全になります。虚血性心疾患も起こりやすくなります。

・腎硬化症
高血圧が続くと腎臓内の細い血管が堅くなり、最後には腎不全になります。

・大動脈解離
高血圧により血管壁が破れ、壁の中に血液が入り込みます。死亡率が高い病気です。

・脳梗塞
脳の細い動脈が何か所もつまります。動脈硬化による場合は、太い血管がつまります。

いずれも死亡率が高く、死亡しない場合でも重い後遺症が残る可能性がある病気です。
マイケアの『なたまめ茶』で毎日の憂鬱を大そうじ!



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ