ツクツクボウシの鳴き声はどう聞こえますか

8月中旬、旧盆が過ぎる頃から涼しげなツクツクボウシの鳴き声が聞こえてきます。

ツクツクボウシの鳴き声が聞こえてくると、もう夏も終わりかなと感じます。

そんなツクツクボウシの鳴き声。あなたにはどう聞こえていますか?

◆ツクツクボウシとは

大きさは5cm弱。
外見は黒褐色の体に、暗緑色の模様がついた透明な羽根を持った小型のセミです。

関東では、夏の終わりに鳴く、というイメージをもたれていますが、
実際は7月中に鳴きだしています。
他のセミの鳴き声の勢いが落ちる頃になって、ツクツクボウシの声が目立ってくるため、
夏の終わりに鳴くセミのイメージがあると考えられています。

◆ツクツクボウシの鳴き声

一般的には次のように聞こえると思います。

鳴きはじめは「ジー…ツクツクツク…ボーシ!ツクツクボーシ!」
以後、「ツクツクボーシ!」を十数回ほど繰り返し、
「ウイヨース!」を数回、最後に「ジー…」で鳴き終わる。

とても特徴的な鳴き声ですね。

ところが、場所や人によって、聞こえ方が違うようです。

”ツクツク・ボーシ”のところが”オーシン・ツクツク”とか、”おいしいつくつく”とか
に聞こえるようです。

(私はどちらかというと”オーシン・ツクツク”派です(^^;)

あなたにはどういう風に聞こえますか?

(意外と音が大きいので気を付けてください)



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ