「検察事務官」の仕事、採用は?

キムタクのドラマ「HERO」で脚光をあびている「検察事務官」

ドラマでは、松たか子さん、北川景子さんが演じています。

こんな、検察事務官なら取り調べたい!!という声も多いそうです(^^;
さて、その検察事務官の仕事内容とはどんなものでしょうか?
また、なりたい場合はどうしたらようでしょうか?

◆検察事務官とは

当然のことながら、国家公務員の官職の一つです。

職務とは、検察庁の事務を取り扱います。
具体的には、検察官を補佐する仕事です。検察官一人に最低一人が“副官”として必ず随行することになります。
(キムタクと松たか子さん、北川景子ですねr)

又は検察官の指揮を受けて捜査を行います。

検察庁の事務を行うほか、捜査機関の一として、被疑者の取調べ、令状の請求・執行、取調べや鑑定の嘱託などの
基本的な捜査を行います。

で、気になる年収ですが、一人ひとりの年収は学歴や勤務年数などにもよって異なりますが、
30代で600万円以上を得ている人がいます。
一般的な会社員の平均年収よりもやや高いというところでしょうか。

残業は部署や業務内容によります。
「犯罪捜査に携わる」など重大なものが多いため、どうしても厳しい雰囲気になりますので、
社会正義を全うするなどの心構えが無い人は、職業としては避けた方が無難でしょう。

ドラマはあくまでもドラマですので。

◆検察事務官になるのは

さて、そんな検察事務官ですが、なりたい場合はどうすればよいのでしょうか。

まず、国家公務員試験に受かる必要があります。
国家公務員試験Ⅱ種でなれます。

Ⅱ種の一次試験合格後、地方検察庁に官庁訪問に行き、面接を受けます。
そこで合格なら内々定が出て、その後Ⅱ種の二次試験があります。

二次試験が受かれば内定となりますが、二次試験で落ちる可能性は低いです。
【楽天ブックスならいつでも送料無料】国家公務員の給与(平成26年版) [ 日本人事行政研究所 ]



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ