スーパームーンが見れる日

約1年に1回の割合で月が大きく見れる日があります。
いわゆる、スーパームーンです。

次に見れるのはいつでしょうか。

◆なぜ、大きく見えるのか

月が地球を周回する公転軌道が円ではなく、楕円形のためです。
したがって、地球と月の距離は一定ではなく、常に変化しています。

地球との距離は遠いときには約41万キロ。近いときには約36万キロで意外と歪んでいます。
中でも地球に最も近づいたとき(近地点)に満月または新月を迎えることを「スーパームーン」(Supermoon)と呼びます。

また、特に最接近して近地点から前後1時間以内に満月を迎えることを
「エクストリーム・スーパームーン」(Extreme Supermoon)と呼びます。

「エクストリーム・スーパームーン」は約18年に1度の割合で観測できます。

su-pa-mu-n2
◆どのくらい大きく見れるのか

大体、遠いときの満月より10%以上大きく、30%以上明るく見えます。

NASAによると2011年のスーパームーンは地球から月までの距離は35万6577kmで、
最も遠い距離(にあるときの満月と比べて14%大きく見え、30%程明るく観測されました。

◆次に見れる日はいつ? 

さて、では次にスーパームーンが見るのはいつでしょうか。
ほぼ、1年に1回見れますが、2017年はなしです。

【今後のスーパームーンと距離】
2014年 8月10日 356,900km 「エクストリーム・スーパームーン」です!!
2015年 9月28日 356,880km
2016年 11月14日 356,510km
2017年       なし
2018年 1月 1日 356,570km
2019年 2月19日 356,760km
2020年 4月 7日 356,910km



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ