伽羅の価値とは

中国の購買欲が止まりません。

現在の中国経済はバブル状態と言われて久しいです。

そこで中国の富裕層は私的財産を増やすのに虎視眈々と、買い占めるものを探しています。

ゴールドや日本も含む海外の不動産(中国では土地の私有を認めていないのです)に飽き足らず、

「伽羅」にも手を伸ばし、意外なところで混乱が起きています。

どんな状況なんでしょうか。

◆伽羅とは

”キャラ”と読みます。

ベトナムを主とした東南アジアで採れる香木の一つです。

香木とは沈香木などが、風雨や病気・害虫などによって自分の木部を侵されたとき、その防御策としてダメージ部の内部に樹脂を分泌、

蓄積したものを乾燥させ、その木部を削り取ったものです。

原木は、比重が0.4と非常に軽いのですが、樹脂が沈着することで比重が増し、水に沈むようになります。

したがって、「沈水」ともいわれます。

但し、樹枝化する理由ははっきりとわかっていません。

また、ベトナムなどの特定の場所からしか取れないということもあり、気候が関係しているとの説もあります。

で、その香木の特に品質が良いものが「伽羅」となります。

あまりにも香りが良いことから、「伽羅」をそのまま小さく割って焚くのが一般的ですが、

高級なお線香にも原料として使われています。

非常に貴重なものとして乱獲された事から、現在では、ワシントン条約の希少品目第二種に指定されています。

okou

◆なぜ伽羅を買うのか

ずばり、資産価値があるからです。

江戸時代には、日本との交易の際に貴重さから、貨幣の代替としても使用されたことがあるそうです。

中国では今後も価格の上昇することが期待されているため、投資として富裕層が競って「伽羅」を買い占めているそうです。

◆伽羅の価格

では、「伽羅」はいくらで取引されているのでしょうか。

20年前には10グラムで1万円でした。

現在では、1グラムで2万円前後までに高騰しています。

採出も難しくなる一方ですので、その価値は金と同等に扱われています。

◆どんな影響が

お香やお線香の原料になることから、日本の仏教界が困っています。

お香やお線香であれば、なんでもいいじゃないかと考える方がいますが、仏閣では格があるため、

歴史あるお寺では「なんでもいい」というわけには、いかないのです。

何分、入手しにくく、入手できたとしても高価なため、ほとほと困っているそうです。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ