「ワニガメ」と「カミツキガメ」の違い

ドブロックの江口直人さんが、書類送検されました。

理由は飼育が規制されている特定外来生物の「カミツキガメ」を無許可で飼っていたためです。

さて、「カミツキガメ」ですが、「ワニガメ」とどう違うのでしょうか。

それとも同じカメで呼び方が違うだけなのでしょうか。

結論からいいますと同じ「カミツキガメ科」ですが、種が違います。

見た目もまったく異なりますので、違うカメですね。

◆カミツキガメ

kamitukigame

・生息地は北米~南米北部です。

・甲長が40㎝には達します。カミツキガメ科では最少です。

・『攻撃性』がとても強い水棲ガメです。

陸上にいるとき警戒心が強くなり、より攻撃性が強くなるそうです。

見た目とは逆に「ワニガメ」より攻撃性は高いです。

・ 顎の力は普通のカメより強いですが、「ワニガメ」程ではありません。

人間の指を食い千切ったり、他のカメを甲羅ごと捕食するのは無理です。

・天敵はワニや大型のヘビ、肉食性の大型鳥類・哺乳類です

具体的にはアライグマも天敵だそうです。

但し、日本においてはそれらがほとんど存在しないため、天敵と呼べるのは人間だけになります。

◆ワニガメ

wanigame

・生息地は米国南部です。

・ 甲長が80㎝に達すると言われてる大型種で、カミツキガメ科最大です。

「ワニガメ」は口の中(下あご側)にイトミミズのような構造物があり、それで餌となる生き物をおびき寄せます。

待って、捕食するタイプですね。

rua

・ 顎の力は非常に強力で、口径に収まる生き物であれば『カメ』でも甲羅ごと捕食します。

また、人間の指などは数本まとめて食い千切ることも可能です。

『ガメラ』のモデルとして有名です。

・ 水面上に出た3本の背甲キールが『ワニが浮かんでる』ようにも見え、

そこからアリゲーター・スナッパーと呼ばれるようになった。

天敵は本物のワニと人間だけのようです。

・食用やペット用で乱獲され絶滅が危惧されています。

 



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ