非番と休みの違いを分かり易く説明します

「非番の警察官がお手柄!!」とか、「非番の消防士が救出!!」というニュースを見ることがあります。

では「非番」とは具体的にどういうことをいうのでしょうか?

「休み」とはどう違うのでしょうか?

その違いを分かり易く説明します。

◆「非番」とは

一般的には24時間勤務の職場で用います。警察、消防、警備員、医療、交通関係などなどです。

「非番」前日からの勤務を終えた日のことを指します。

たとえば朝9時に仕事が始まり24時間勤務を終えて翌朝の9時に交代する。

その翌日を「非番」といいます。

なお、24時間勤務でもその間に所定の休憩時間、仮眠時間はあります。

(そうでないと体が持ちませんよね。これがないとブラック企業と言われます。

しかし、事故とかトラブルで突発的な事情がある場合は、

普通の企業でも24時間ぶっ通しで働くこともあります。(^^;)

業界によっては「明け番」とか「明け休」とかいうところもあるようです。

syoubou

◆「休み」とは

一方、「休み」とはまったく業務がない日です。

例を上げると以下の通りです。(業界によって異なるかもしれませんが・・)

月曜日 9:00~24:00

火曜日 0:00~ 9:00 (月→火 24時間勤務)

水曜日 非番

木曜日 9:00~24:00

金曜日 0:00~ 9:00 (木→金 24時間勤務)

土曜日 非番

日曜日 休み

お分かり頂けましたでしょうか?

【働き方関連記事】

◆ 労働基準法での休日と休暇の違いについて

◆ 労働基準法による夜勤の時間、手当について

 



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ