「一本締め」と「一丁締め」の違い

「では皆さん、お手を拝借」

「イヨー」 パン!

宴会の最後によく見られる光景ですが、よく「一本締め」と勘違いされています。

では、正式にはなんというのでしょうか。

◆手締めについて

これらは総称で手締めといいますが、地方毎に風習があります。

私が関東の人間のせいか、一般的には「江戸締め」が使われているようです。

江戸締めには一本締めと三本締めがあります。

掛け声の「イヨー」は「祝おう」が転じたものと言われています。

 

kanpai

 

◆一本締め

3回・3回・3回・1回手を打ちます。

一般的な方法
「お手を拝借」
「イヨーオ」 パパパン パパパン パパパン パン
「ありがとうございました」パチパチパチ…(拍手)

これが一本締めなんですね。いつも、皆さんが行っている「一本締め」とは違いますよね。

◆一丁締め

一本締めの変形として1回だけ手を打つのが一丁締めです。

これはやはり「一本締め」と混同されます。

一丁締めは略式の手締めで、関東ローカル(!)では一本締めが広範囲にわたって一丁締めと同じ意味で使われています。

一回だけでを打ちます。

一般的な方法
「お手を拝借」
「イヨーオ」 パン
「ありがとうございました」パチパチパチ…(拍手)

◆三本締め[編集]

これはたまにやりますよね。一本締めを3回行います。

一般的な方法
「お手を拝借」
「イヨーオ」 パパパン パパパン パパパン パン
「イヨー」  パパパン パパパン パパパン パン
「もう一丁」 パパパン パパパン パパパン パン
「ありがとうございました」パチパチパチ…(拍手)

◆一つ目上がり

最後にちょっと変わったものです。

私は5本締めと聞いたことがあります。

意外と盛り上がりますよ。

打ち鳴らす指の本数を増やしながら一本締めを5回行います。

はじめは人差し指、中指、薬指、小指、親指(掌)と指を足しながら、音が大きくなっていくのを愉しみます。

末広がりで縁起が良いとされ、「上り(のぼり)締め」ともいいます。

一般的な方法流れ
「お手を拝借」
「イヨーオ」    パパパン パパパン パパパン パン(人差し指のみで)
「ハイッ」「ヨッ」 パパパン パパパン パパパン パン(2本指で)
「ハイッ」「ヨッ」 パパパン パパパン パパパン パン(3本指で)
「ハイッ」「ヨッ」 パパパン パパパン パパパン パン(4本指で)
「ハイッ」「ヨッ」 パパパン パパパン パパパン パン(手全体で)
「ありがとうございました」パチパチパチ…(拍手)

まあ、正式な手締めの定義があるそうですが、カジュアルな宴会では「イヨー」パンは「一本締め」として

認定してもよいと思います(独断ですが)。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ