歯科医院の感染防止とは

できることならば、お世話になりたくない歯科医院。

私も苦手ですが、虫歯で治療していた歯がありますので、

どうしても何年か毎にお世話になっています。

(最近のお子さんは虫歯の対策が十分なので、虫歯のなっている確立が少ないそうですが・・・)

そんな歯医者さんですが、最近院内感染防止の問題が取り上げられています。

どういうことでしょうか?

 

haburasi

 

◆歯科医院の院内感染とは

歯科医院では患者の唾液や、血液に触れる歯科の医療機器を使用します。

それらの医療機器を介して、患者から患者やへ病原菌がうつされる危険があります。

アメリカでは大量のHIVの院内感染事故があり、裁判になった例もあります。

日本では、原因の特定が難しいこともあり、報告されていません。

しかし、表面化していないだけで、実際は発生している可能性があるといわれています。

◆院内感染の防止方法は?

医療機器の厳禁処理が院内感染の防止になります。

例えば、歯を削るドリルの柄の部分は、院内感染対策を示した日本歯科医学会の指針で、

患者ごとに交換し、高温の蒸気で滅菌するよう定められています。

しかしそのくらいで、ドリル部分についても法律的に義務付けられてはなく、

歯科医院の判断に任せられている状況です。恐いですね。

アメリカでは、大量院内感染事故があり、患者毎の減菌・消毒が法律で義務つけられています。

◆では日本の院内感染の実態は?

多くの歯科で、医療機器の滅菌処置が不十分な実態が明らかになりました。

国立感染症研究所などの調査では、患者ごとに必ず交換している歯科医療機関は

34%に過ぎないことが、わかりました。

「交換していない」という回答もなんと17%に上っています。

簡単なアルコール消毒や洗浄で済ませ、繰り返し使っている歯科も多いと推測されます。

院内感染については、患者から患者の危険もありますが、患者から医療スタッフ、

歯科医への感染リスクもあります。そこからさらに患者へも感染する可能性がありますので、

院内感染防止策の実施が急務です。

ただし、歯科医は過当競争が激しく(皆さんの近所にも歯医者はいっぱいあるのでは)、

経営状況はどこも厳しいのが実態です。

したがって、高額な滅菌装置を設置する余裕のないところもあるといいます。

歯科医院の努力、国の政策も進めていくことはお願いしたいですが、

個人としてできることはまず、「虫歯にならない努力」

「ホームページ等で歯科医院の院内感染防止のチェック」が重要ではないでしょうか。

ホームページでも嘘をつかれてしまうとわからないので、

やはり、歯科医にお世話のならないようにしないことが大事かと思います。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ