夏風邪かなと思っていたら「カビ肺炎」かも?

5月くらいからどうも、風邪っぽい、咳が長引くと思ったら、「カビ肺炎」を疑った方がいいかもしれません。

◆「カビ肺炎」とは

正式名称は「夏型過敏性肺炎」といいます。

トリコスポロンというカビが原因です。

このカビを吸い込むと、「カビ肺炎」にかかることがあるそうです。

 

kabi

 

◆どんな症状

厄介なことに主な症状は、咳と発熱、それにだるといった風邪とよく似た症状です。

ですので、ほとんどの人はたいした病気とは思わず、市販薬を飲んだり、そのまま放置しがちです。

病院へ行っても風邪と診断されることが多く、対処療法で一時的に症状が改善されるので、治ったように感じます。

しかし、トリコスポロンというカビを吸い込む環境にいる限り、治らず重症化していきます。

具体的には秋口の11月くらいになると、カビが減りますので、症状が改善されるので、

治ったと思います。

しかし、翌年の5月くらいにトリコスポロンが繁殖して、また吸い込んでしまい、「カビ肺炎」になってしまう。

これを繰り返すことにより、慢性化してしまいます。

慢性化すると、間質性肺炎や肺線維症になってしまい、肺が硬くなり、最悪の場合死に至ります。

恐いですね。

◆診断・予防・治療方法

・診断としては組織診断として、気管支鏡により肺のごく一部を採取して顕微鏡検査をします。

次に過敏性肺に特徴的な顕微鏡所見が得られれば、発症の仕方やレントゲン所見と合わせて診断します。

結構ハードルが高い気がしますね。

・治療法は入院等でトリコスポロンの吸入しない環境に移し、アレルギー物質を排除するしかありません。

場合によっては、副腎皮質ステロイドを内服します。

・予防も治療とほぼ同じですが、住環境のトリコスポロンを少なくするしかないです。

最近の住宅は気密性が高いので、カビが繁殖しやすい環境です。

風呂場や脱衣所、台所など高温多湿になる場所に多く発生しますので、

そういった所はいつもきれいに掃除して、風通しを良くしておきましょう。
最悪の場合、死に至ることもあり、診断も難しいので、常にこまめに清潔にが最善のようです。

これを理由に私も掃除をさぼらないようにしようと思います!!



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ