黄色い声の意味とは 仏教から由来している?

よく、男性タレントへファンから「黄色い声」が上がるとか、「黄色い歓声」が起こるなど、使われる黄色い声。

黄色い声の意味は、女性や子供甲高い声ということを指します。

ではなぜ、「黄色」なのでしょうか?

黄色い声

 

黄色い声の由来:仏教のお教説

 

実は、「黄色い声」の由来ははっきりしていなく、諸説あります。

中でも有力なのが、仏教のお教説です。

お経というとたんたんと、お坊さんが一定の音の高さで唱えるイメージを持ていると思います。

お坊さん

しかし、昔は声の高低が激しかったものもありました。現在のたんたんとしたお経は平安末期以降からです。

昔はお経の音の高低を表す音符のようなものに、色を使っていました。

そこで一番高い色を現す色が黄色だったという説です。

ここから高い声を「黄色い声」ということになりました。

 

黄色い声の由来:声を色で表す説

 

声色という言葉があります。声色の意味は声の音色や声の調子を指します。

江戸の末期に声を色で表すことが流行りました。

実際、この時期に式亭三馬によって書かれた小説『浮世風呂』の中に「黄色な声や白つ声で、湯の中を五色にするだらう」という一文が残されています。

この時にただごとではないときや耳障りなときに使う声の表現として「黄色」が使われていました。

 

黄色い声の由来:黄の漢字説

 

子供と空

黄という漢字の意味に「子供」や「唐代の戸籍で、3歳以下の子供」という意味を含みます。

したがって、甲高い声を子供らしい声として、「黄色い声」と表現した説です。

この他にも説はあるようです。言葉の由来は意外でとても面白いですね。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ