鞄を持たない手ぶら通勤のメリット・デメリット

満員電車の中、大きい鞄を持っての通勤、辛くないですか?

思い切って、手ぶら通勤を試してみました。

 

きっかけ

 

手ぶら通勤をしたいな、と思ったきっかけは満員電車です。

私が通勤に使っている横須賀線は通勤ピーク時間では乗車率193%を誇る(?)JR屈指の混雑電車です。

何しろ、2013年4月には定員オーバーのため、電車の窓ガラスが割れたほどですから。

中途半端に混んでいる時も大変です。カーブがキツイところがあるため、つり革、手すりにつかまっていないと立っていられないほどです。

通勤ラッシュ

そんな過酷な電車の中、鞄が邪魔だなと思っていました。鞄を持っているがために、つり革、手すりにつかまりにくく、他の人を押してしまうからです。

また、最近は情報管理の観点で、仕事の持ち帰りが、ほぼ不可能となってます。

そこで、手ぶら通勤ができるのでは?と考えた訳です。

 

必ず持っていくもの

 

今の鞄の中には、ゴチャゴチャと種々雑多なものが入り込んでいますが、通勤に必要最低限なものを考えました。

・定期券
これが無いと電車に乗れませんから。

・お財布
私は、札入れと小銭入れを別々に持っています。
会社の往復だけであれば、電子マネーとクレジットカードを定期入れの中に入れれば、大抵の事は足りるのですが、
やはり、現金が無いと不安なので、持っていくこととしました。

財布

・社員証
私の会社の社員証は入館証も兼ねていますので、これが無いと会社に入れないのです。

・家の鍵
家に必ず誰かいるとは限りませんので、これが無いと家に入れません。

・携帯電話
今となっては、仕事でも家族との連絡手段としても必須のツールですね。関係ないですけど、私はガラケーです。

・ハンカチ、テイッシュ
エアータオルが無いところもありますので、ハンカチは必要です。
また、鼻炎気味なので、ポケットテイッシュも持っていきます。

以上のモノが必須品なのですが、これならスーツのポケットに収まりますよね。

と、いうわけで憧れの手ぶら通勤のデビューです。

 

メリット

 

手ぶら通勤のデビューして、良かったなと感じたことです。

・満員電車のストレスが少ない
満員電車の混雑の辛さは変わりませんが、両手がフリーになることでストレスが少なくなりました。

鞄がどっかに引っ張られることもありませんし、鞄で誰かを押すこともありません。

つり革や手すりにもつかまり易いですし、当初の目的は達成できたかなと思います。

・通勤時の気分が楽
両手に何も持たないことって、気分的にも楽です。

なんとなく、手を大きく振って、胸を張って前向きに歩いているような気がします。

歩くビジネスマン

 

デメリット

 

では、手ぶら通勤で困ったことはなんでしょうか。

・ポケットの中身の入れ替え
定期入れとか、財布とか、社員証を毎日、ポケットの中身の入れ替えをしなければなりません。

今までは、鞄に入れっぱなしだったのですが、そうはいかなくなりました。

さすがに、定期入れや携帯電話は忘れませんでしたが、家の鍵、社員証は忘れることがありました。

社員証を忘れた時は、会社に入る手続きが面倒で大変でした。

上着

・上着を掛ける時が不安
上着のポケットに貴重品を入れることになりますので、上着を会社や飲み屋のハンガーに掛ける時、ちょっと不安です。

鞄に入れて置いておくのと、あまり変わらないとは思うのですが、鞄のチャックが閉まっているのと、上着にそのまま入れて置くのとはやはり違うと感じました。

・夏場が厳しい
クールビズで夏場は上着を着なくても良くなりました。着ないとうこと、持ち物を全てズボンのポケットに入れなければならないため、厳しかったです。というより無理でした。

夏の上着は「着なくてもいい」ので、「着てもいい」のですが、日本のムシムシした夏で、外を歩き満員電車に乗るには上着ありは厳しいです。また、上着を手に持てばという意見もありますが、それでは鞄を持つのと変わりません。

・他に持っていきたいものがあった
会社に持って行く必須品は上に上げたモノですが、他に持っていきたいものが出てきました。

例えば。行きの電車は満員電車なので、本を読むスペースの確保が厳しいのですが、帰りの電車(30分くらいのります)では、本でも読みたくなりました。

次はマイボトル。私の会社は飲み物は全く提供されないため、お茶すらも自分で用意しなければなりません。

節約のため、省資源のため、マイボトルを持っていました。手ぶら通勤の時に、自動販売機やコンビニで飲み物を買うのがもったいなく感じてきました。

最後に。体調が悪い時、休めばいいのですが、休めない時は薬が必要です。

kusuri

・他人の目が気になる
ビジネスマンは鞄を持っているイメージがあります。自意識過剰かもしれませんが、手ぶらだと周りの目が気になるときがあります。

また、満員電車で前に女性がいるとき、両手が空いていると不審に思われているのではと感じることがあります。

 

結論

 

結論として、手ぶら通勤は断念しました。

当初の手ぶら通勤も目的は達成できたのですが、デメリットというか想定外のことが大きかったです。

今では、手ぶら通勤の経験を生かして、なるべく両手が空くようにショルダーバッグを使い、胸を張り両手を振って通勤しています。

また、ポケットにものを入れるとスーツの形が崩れるという声がありますが、私はそれほどのオシャレさんではないので、気になりませんでした。

ここでの結論はあくまでも私のケースです。周りを見てみると、手ぶら通勤の方は少なくありませんので、興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ