雨の日にズボンの裾が濡れない方法

雨の日、傘を差しても足元、ズボンの裾が濡れて不快なことはありませんか?

私などは、雨の強さにもよりますが、膝から下がびしょびしょ。建物の中に入っても、すぐには乾きませんので、かなり不快な思いをしていました。

100%濡れないということはありませんが、かなり改善できますので、雨の日のズボンの裾の濡れが、気になる方はお試しください。

 

雨の日でもズボンの裾が濡れにくいコツ

 

雨の日でもズボンの裾がぬれにくいコツは以下の3点です。

・歩き方を変える

・傘の差し方を変える

・長靴をはく (^^;

最後の「長靴をはく」は最終手段ですね。長靴いズボンの裾を入れてしまえば、濡れようがないですので。

長靴以外でも、ズボンの裾カバーもありますので、これがあれば、まず濡れないと思います。

しかし、私は普通のビジネスシーンでズボンの裾を濡らしたくなかったのです。
次からは、「歩き方を変える」、「傘の差し方を変える」について、説明いたします。

雨

 

歩き方を変える

 

ズボンの裾を濡らす原因は大きく2つあります。
それは、地面からの水の跳ね返りと雨が上から当たることです。

ここでは、地面からの水の跳ね返り対策について、説明します。

歩くビジネスマン

ズボンの裾の後ろが濡れるのは、右足の踵を蹴るときに左足の後ろに、左足の踵を蹴るときに右足の後ろに、地面の雨水が跳ね上がるためです。

これを改善すれば良いのです。簡単ですね。具体的には以下の様に歩きましょう。

・足を上げる時は踵を蹴り上げない
通常は、足を上げるときは踵から上げると思います。この時に地面の水を跳ね上げてしまいますので、なるべく足裏全体を同時に上げるようにします。

・小股で歩く
大股で歩くとどうしても勢いがつきますので、地面の水も勢いよく跳ねてしまいます。

 

あとは、男性には見た目からおすすめできないのですが、内股で歩くというのもあります。

内股で歩きますと、踵で跳ねる水が外側に逃げるので、ズボンの裾が濡れにくいのです。

 

傘の差し方

 

ここでは、上からの雨が当たりにくい傘の差し方を説明します。
傘の差し方の基本としては、雨が身体に濡れにくい差し方と同じになります。

雨傘

・大きな傘を使う
大きい傘を使いますと、物理的に濡れにくいです。また、傘からの雨だれも当たりにくくなります。

・風向きに気をつける
雨が降ってくる方向に傘を向けると濡れにくいです。

・なるべく低く持つ
傘の近くの方が濡れにくいためです。傘はなるべく低く、頭と傘がつくぐらいの距離で差しましょう。

 

まとめ

 

歩き方、傘の差し方を少し変えるだけで、雨の日のズボンの裾濡れはかなり改善できます。

台風、ゲリラ豪雨のような極端な場合は、雨靴、ズボンの裾カバーが必要になりますが、通常の雨であれば十分対応できますので、ズボンの裾が濡れるのが嫌だと思う方は、ぜひ、お試しください。

雨の日の気分が少しは変わりますよ!!

【雨に関する記事】

※ 2016年の秋雨前線はいつまで?

※ 梅雨前線と秋雨前線の違う点について

※ 「東京アメッシュ」で神奈川県の雨情報も確認

 

 



スポンサードリンク



One Response to “雨の日にズボンの裾が濡れない方法”

  1. […] 出典雨の日にズボンの裾が濡れない方法 | これで解決!! […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ