野球のサイレントトリートメントとは

サイレントトリートメントとは何のことでしょうか?

シャンプーの後に付けるものではありませんよ(^^;

野球、メジャーリーグで行われる慣習というか風習というかお遊びみたいなものです。

 

サイレントトリートメントとは

 

サイレントトリートメントとは日本語でいうと「よそよそしい態度」ということです。

主にバッターがその被害者(?)になるようですが、例えば今季、初めてホームランを打った、とか本来ならば派手に祝福される場面です。

野球場

しかし、メジャーリーガ達は違います。あえて無視をしたり、ひどい時はベンチから人がいなくなってしまうというイタズラです。

しかし、永遠に無視しているわけではなく、一定の時間が経った後は荒々しく祝福するという、アメリカンジョークの一種なんでしょうか。観客もテレビを見ている人も理解しているお約束です。

日本でいうとダチョウ倶楽部のパターンみたいなものでしょうかね。被害者の方もそのあたりは理解しているようで、もしかしたら好き嫌いはあるかもしれませんが、微笑ましい光景ではあります。

 

日本人メジャーリーガーの被害者?は

 

記憶で新しいのはマエケンこと前田健太投手です。

ドジャースの前田健太投手はデビュー戦で投手にも関わらず、ホームランを打ちました。

ところがベンチに帰ったらみんな知らんぷり。マエケンは「どうしたんだ」とばかりに両手を上げてアピールをしていましたが、そのうち、みんな耐え切れず激しい祝福の嵐となりました。

当たり前ですよね。日本人投手がデビュー戦でホームラン。しかも、ドジャースの今季第一号でピッチンも素晴らしかったのですから。

野球用品

他にはカブスの川崎宗則選手もオープン戦で第一号のホームランを打った時もこの洗礼を受けています。

日本ではこのような慣習はないのですが、いずれ輸入されるのでしょうか?



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ