花粉症は秋にも注意!!

花粉症は春だけのものと思っていませんか?

一般的に花粉症というとスギ花粉・ヒノキ花粉といった春の季節(4月~5月)を
連想する人が多いためです。

しかし、原因となる花粉は50種類以上はあって、
一年中、何かしらの原因物質は飛んでいます。

中でも多いのが秋の花粉症です。

暑い夏が過ぎ、秋口になると、鼻水、目のかゆみなどの症状がある方。
あなたは秋の花粉症かもしれません。

秋は以外と花の季節でもあります。
但し、秋の花粉は飛散距離が数十メートルのため、
原因となる植物に近寄らないだけでも十分予防が出来ます。

まずは、どんな植物が原因物質になるかを知るのが、一番です。

◆ブタクサ(豚草)

butakusa
一番、気を付けるべき、植物です。
花粉の粒子が小さく、気管に入ってぜんそくを引き起こすケースもあります。

キク科・一年草。飛散時期は8月~10月。
高さ1mくらいの雌雄同株の風媒花で野原、道端など全国的に見ることができる。
日本ではスギ、ヒノキについで花粉症患者が多いとされている。
アメリカではこのブタクサによる花粉症の患者がいちばん多い。
約5%~15%の人が悩まされているとのデータがある。

◆ヨモギ(餅草)

yomogi
キク科・一年草。飛散時期は8月~10月。
夏から秋にかけて、茎が伸び、目立たない花を咲かせる。
全国いたるところで見ることができる。秋の花粉症ではブタクサについで多い。

◆カナムグラ(鉄葎)

kanamagura
アサ科・一年草。飛散時期は8月~10月。
道端や野原などの日あたりの良い場所などで見ることができる。
雌雄異株のつる植物で茎から葉にとげがあり、木や電柱等に絡みつく。

10月を過ぎると秋の花粉は落ち着くようです。
ただ、秋は夏に繁殖したダニの死骸や排せつ物が家の中にたまる時期とも重ります。
ハウスダストのアレルギーなども多い季節です。

花粉症の方はハウスダストにもアレルギーをおこす事が多いといわれています。
つらいようでしたら、病院で検査し、原因物質を特定することをお勧めします。

【「花粉症」に関する記事】

※ セイタカアワダチソウとブタクサの違い 花粉症は?

※ 冬なのに花粉症? その原因となる植物の種類とは



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ