自転車がパンクしたと思ったなら虫ゴムを確認(画像付)

「自転車がパンクした!」「自転車のタイヤ空気が抜けた!」良くありますよね?

その場合、普通は自転車屋さんへ修理をお願いすると思います。
当然です。私も今までは、そうしてきました。

しかし、自転車屋さんへ修理をお願いすると、数千円かかってしまいます。チューブの交換までいったら、部品代や作業費用などで、5千円を超えてしまうケースもあります。

自転車によりますが、ママチャリですと1万円くらいで買えます。パンク修理は割高だと思いませんか?
「パンク修理で数千円するくらいなら、自転車も古くなってきたし、買い替えるか・・・」ということも考えてしまいます。

また、パンクした自転車を自転車屋さんまで持って行って、さらに待たされる・・・。たかがパンクなのに、面倒ですよね。

でもちょっと待ってください、もしかしたらそのパンクは自分で、数百円で、しかも数分で直せるかもしれません。
なお、これも初めて知ったのですが、バルブは英式、仏式、米式といくつかの種類がありますが、ここでは一般的な英式(競技車以外は英式が普通です)について説明しています。

 

虫ゴムの劣化と思われるパターン

 

自分で簡単に直せるパンクとは虫ゴムに劣化によるものです。
虫ゴムとは、自転車のタイヤの空気を入れるバルブの中に入っているゴムです。

このゴムがバルブの中を密閉状態にして、空気を外に漏れない役目をしています。
私も初めて知ったのですが、この虫ゴムは単なるゴムですので、寿命が思ったより短いです。

自転車の保管や空気を入れている状況にもよりますが、数ヶ月から1年で寿命が来ます。
この寿命であると、パンクだと思って、自転車屋さんへ修理をお願いしているかなりのケースが虫ゴムの寿命によるものではないでしょうか。

私の経験ですと、自転車のタイヤへ空気を入れていて、空気入れを抜くと勢いよくバルブから「プシュー」と空気が抜けてしまう。これはかなりの確率で虫ゴムの劣化によるものです。

また、徐々にタイヤの空気が抜けてしまうこれも虫ゴムの劣化が疑われます。

 

自分で虫ゴムを交換する費用

 

気になるお値段ですが、100円で直せます。自転車屋さんへ持っていくと作業量などで、千円はかかると思います。
簡単な作業で、数ヶ月に一度のメンテナンスなので、自分でやるべきかと思います。

 

虫ゴムの交換方法

 

お待たせしました。本題です。写真を使って、虫ゴムの交換方法を説明しましょう。

1. 虫ゴムを買う

当たり前ですが、虫ゴムを買いましょう。ホームセンターの自転車コーナーなどで売っています。
1mで199円(税抜き)もありましたが、1mもすぐに使わないかと思ったので、私は99円(税抜き)の虫ゴムセット(なんと4セット入り)を購入。

IMG_1204

2. 古いバルブを外す。

ゴムのキャップを取って、ナットを緩めて、バルブを取ります。
タイヤに空気が残っていると、勢いよくバルブが飛び出す可能性がありますので、注意しましょう。
私の場合はタイヤがぺしゃんこでしたので、そういう事態にはありませんでした。

【完全に空気が抜けています】
IMG_1199

 

中に古い虫ゴムが残っていることがありますので、小さいマイナスドライバなどで取りましょう。

【中に虫ゴム】
分かりにくいですが、中に古い虫ゴムが残っています。
IMG_1201

【上から、ゴムのキャップ、ナット、古い虫ゴム、バルブ】
バルブにはきれいに虫ゴムが取れていました。
IMG_1202

3. バルブに新しい虫ゴムを付ける

説明書に書いてある通りにやります。
新しい虫ゴムを水につけて、数回つまんで水を通します。次に、虫ゴムをバルブの上までに押しこみます。
上までしっかりと、シワのないようにしましょう。

【新しい虫ゴム】

IMG_1212
【新しい虫ゴムをバルブにセット】
IMG_1213

4. バブルをタイヤに付ける

いよいよ、新しいバブルをタイヤにつけましょう。取った時と逆の順序です。
バブルをタイヤに押し込み、ナットを付けて回します。そして空気を入れた後に、ゴムのキャップを付けます。

2~4にすべての作業は10分かからないくらいで完了します。
IMG_1209

 

以上で作業はすべて、完了です。あっけないくらいに簡単にできますので、自転車屋さんへ持っていく前に試しているのはいかがでしょうか。もし、損をしたとしても99円ですので、試してみる価値はあると思います。

 



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ