満員電車のストレス解消法

私は神奈川県在住の会社員です。

ご存知の方も多いと思いますが、首都圏の通勤での満員電車はものすごく、かなりのストレスが掛かります。

私は横須賀線を利用しているのですが、通院時間帯の乗車率は約190%! 2013年には定員オーバーが原因で電車の扉のガラスが割れるということもありました。

考えられないですね。会社に着くだけでヘトヘトになってしまうこともあります。

しかし、会社に行くのには電車を使わなければなりません。そこで、私なりの満員電車のストレス解消法をご紹介いたします。

「電車に乗る前にできること」と「電車に乗ってからすること」の二つに分けてみました。

 

電車に乗る前にできること

 

まずは、電車に乗る前にできることです。

◆通勤時間をずらす

まずは、通勤時間をずらすことで満員電車を避けます。後ろにずらすと遅刻してしまいますので(^^;、自然、前にずらすことになります。

横須賀線の上り電車の乗車率にピークは7時半から8時半です。会社の始業時刻に合わせるとこの時間帯が丁度よいのですが、30分早く乗ります。

通勤ピークの時間帯では乗るのもやっとですが、30分ずらすと、何とか本を読めるくらいの込み具合です。

ビジネスマンと時間

 

◆混んでいる車両を避ける

横須賀線の上り電車は前の方、東京方面の方の車両が混みます。ピークの時間帯ですと、乗車列の後ろのほうでは、まず、一回では電車にのれません。

そこで、私は後ろの方、横須賀側の車両に乗ります。

混む車両と混まない車両ができるのは、駅の階段や出口の位置によるものですが、かなりの差があります。

私は混んでいる車両に乗るくらいなら、少しぐらいなら歩いて、なるべく空いている車両に乗りたいと思っています。

歩くいっても駅のホームですので、距離はたかだか知れていますからね。

通勤ラッシュ

 

◆トイレに行くのを忘れずに

電車に乗ってから、トイレに行きたくなるとストレスになりますので、きちんと家ではトイレを済ましていきます。

 

電車に乗ってからすること

 

次は電車にのってからすることです。

◆乗客の方を仲間と思う

満員電車に乗るストレスの主な原因は、人に押されたり、挟まれたりすることですよね。

そこで、他の乗客の方を自分の味方であったり、仲間と思うことにしましょう。

他の乗客に憎しみを覚えてしまうと、ストレス倍増です。

誰しも事情があり、家に帰れば家族もいます。満員電車にもめげずに通勤する仲間です。

こう思えば、少しは嫌な思いも和らぎます。

仲間

 

◆音楽を聴きながら目をつぶる

イヤホンで好きな音楽を聴きながら、ここは気持ちの良い高原なんだと思って目をつぶります。

現実逃避でしょうか(^^;

しかし、私には効果があります。しかし、音量には注意しましょう。音が漏れると周りの人が不快になりますので。

 

◆好きな本を読む

本を読むスペースがあるときは、好きな本を読んで、気持ちを本の中の世界に紛らわせます。

 

まとめ

 

◆まずは、満員電車に乗らないように心掛ける。

◆電車に乗っている人はみんな同じ仲間と思う。

◆音楽や本で気持ちを紛らわす。

 

いかがでしょうか?みなさんにもご参考になればと思います。個人的にはより混雑を少ない電車に乗ることがポイントと考えています。

色々と私なりに工夫しますが、結局は「こういうものだと諦める」時もあります。

なんとかしようと思うとますますストレスが強くなりますので、一日の中の数十分間、こういうものだと諦観してしまうと、意外と楽になるときもあります。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ