木村拓哉 ダウン症 画像 次女 岐阜

木村拓哉さんと工藤静さんの次女がダウン症という噂がありますがほんとうでしょうか!?
岐阜県や沖縄県の病院での目撃の情報もあります??
一体なんのことでしょうか???

SMAPのデビューは1998年です。もう昔の20世紀のことですね。
その頃からアイドルのトップを疾走しているのは、
そう、木村拓哉さんです。

フジテレビの27時間テレビでの活躍は感動的でしたね。
(中居君の功績と、森君の手紙に負ったものが大きいですが(^^;)

一方、工藤静さんは1986年おニャン子クラブでデビュー。
(AKB48のお母さん世代ですね)
当時はもちろんトップアイドルです。

そんな木村拓哉さんと工藤静香さんが結婚したの2000年11月です。
トップアイドル同士の結婚はセンセーショナルなものでした。

 

kimutakusizuka

 

特に木村拓哉さんは当時タブー視されていたジャニーズ現役アイドルの結婚でしたから
世間は騒然したものです。

結婚後、長女心美(ここみ)ちゃんが産まれたのは、2001年5月です。
(計算が合わない・・・できちゃった婚ですね(^_^;))

そして次女光希(みつき)ちゃんが産まれたのが、2003年2月です。

実はこの次女光希(みつき)ちゃんがダウン症であるという噂が
以前からネットでささやかれています。

信じられないことですが、本当でしょうか?

その理由や、目撃情報についてはこれまで色々とが言われていましたが
実際はどうなのでしょうか?

有名人の子どもは、ねたみもあり、この類の噂をされることはよくあることです。

その中には、もしかしたら本当の話もあるかもしれませんが、
確率的にはまったくの嘘による悪い噂もあるのが事実です。

では、木村拓哉さんと工藤静香さんの次女の場合はどうなんでしょうか?

ネット上での噂の主な理由としては以下が上げられています。

【長女心実ちゃんの写真は公開されているのに、次女光希ちゃんの写真は全く公開されていない。】

kimutakufamily

一番の理由はこれです。

ダウン症の子どもというのは先天的な染色体の異常が原因となり、
顔の感じが普通の子どもとは変わってしまうことがあります。
したがって、外見的には目がキツネ目で細くつり上がる傾向があります。

もし、お二人の次女がダウン症であると仮定すると、
それが原因で写真が公開できないというのいは、納得がいくことでもあります。

【工藤静香さんが次女を出産した時には33歳。高齢出産であったため、ダウン症の子どもが生まれる確率が高い】

確かにダウン症の出生率は母親の年齢との関係性が高いとは言われています。
但し、33歳だった工藤静香さんから産まれるダウン症の出生率は0.10504%と極僅かな確率です。

また、現在の日本で晩婚化も進み、もう高齢出産とはいえない年齢です。
したがって、出産年齢による原因はあまり考えにくいです。

その他、「次女が重病のため隠ぺいしているのでは?」とか、
「ダウン症の名医がいる地方(岐阜、沖縄、静岡)での目撃情報が
多く次女を通院させているためではないか?」
などの情報が実しやかにながれています。

次女の光希ちゃんがダウン症であるという噂は2007年ぐらいから始まっているそうです。

しかし

ここにきてかなり重大な情報が!

実は、私の親戚が岐阜県に住んでいるのですが、岐阜県ではお二人が、
ダウン症の病院にいる次女・光希ちゃんの元へと通う様子が何度も目撃されています。

実際に私の親戚の友人もその様子を目撃しています。

なぜ、岐阜県なのかといいますと、
ダウン症で有名な医師が勤務している病院があるからです。
(病院名の公表は差し控えます)

その病院、およびその周辺ではかなりの目撃情報があるようです。

この噂は確実であるといえるでしょう。

実際、マスクで顔を隠して病院へ車で通う様子など多数かつ詳細な目撃情報も聞きますので。

kimutaku2

ちなみに木村拓哉さんの車はかなりの高級車だとか。

(収入からいって当然ですね)

ダウン症は先天的なもので知能が幼いこども程度の状態で
止まってしまうそうです。

昔は長生きはできませんでしたが今は医療の発達である程度は
長生きできるまでになったそうです。

ただ、合併症を起こすケースが多く、やはり平均寿命は一般的に低いです。

ダウン症か否かは幸福には変わりが無いといいます。
先日も世界にCMという番組でダウン症でも幸せに人生を送っている家族を拝見し、感動しました。

ぜひ、これからも変な偏見に負けずにがんばってほしいです!

ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ