月の土地は2,700円という値段で購入できる

夜に空に浮かんでいる月の土地が購入できることをご存知でしたか?

卓球選手の福原愛さんが結婚会見で「月の土地をプレゼントした」と話したことから、知った人も多いのではないでしょうか。

冗談ではなく本当のまじめな話です。ヨーロッパでは贈り物として人気があります。
日本でもバレンタインデーや、誕生日などでプレゼントする人も増えているようです。

しかも、2,700円という値段からです。この値段でロマンや夢を買うと思えば、とてもお得と思いませんか。

 

月の土地の購入方法

 

月の土地を買うのはとても簡単です。

「ルナエンバシー」という会社が販売しています。
インターネット通販で、しかも以下の商品が送料無料で買えます。

 

商品内容
・月の土地権利書/月の憲法/月の地図
・月の土地権利書(和訳・A4)/月の憲法(和訳・A4)
・土地所有権の宣言書コピー(英文)
・オリジナル封筒

【サイズ】
権利書:縦35.5cm×横28cm
オリジナル封筒:縦38cm×横30.5cm

 

なんと、この値段で1エーカー(約1200坪)の広さが購入できます。1,200坪(1エーカー)の土地と言うと、サッカーグラウンド1つ分に相当します。

%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%e5%a0%b4

一人で何口でも購入でいますので、月ならばサッカー場付の家も建てられる土地が購入できますね。
しかも、固定資産税などの維持費も不要とのことです。

サプライズプレゼントなら「月の土地」!

月の土地の所有権は?

 

しかし、なぜ「ルナエンバシー」は月の土地を販売できるのでしょうか。
同社のホームページには、当然、同社が月の土地を販売できる権利持っているということを説明しています。

かなり詳細に記載していますが、簡単にいうと、月は国家での所有を禁じていたのですが、個人については、特に取り決めがなかったため、そのスキマを突いたとうことです。

%e6%9c%88

宇宙条約(こういう条約があったのですね)では、月は国家が所有することを禁じていたのですが、個人の所有は禁じていませんでした。

そこで、「ルナエンバシー」を創業者デニス・ホープ氏が、1980年にサンフランシスコで月の所有権の申し立てた。すると申し立てが受理されてしまったとのです。

しかも、デニス・ホープ氏は「月の権利宣言書」を作成し、国際連合、アメリカ合衆国および当時のソビエト連邦の各政府に提出したところ、異議が無かったということです。

そのような経緯もあり、現在、堂々と月の土地を販売しているというわけです。

 

まとめ

 

◆月の土地は1エーカー(約1200坪)を2,700円で購入できる。

◆しかも、ネット通販で購入可能、維持費も不要。

 

いかがでしょうか。実用性は無いかもしれませんが、ちょっと洒落た贈り物として、または話のネタとしては使えるのでは無いでしょうか。

月の土地権利書なんて、希少価値はまだまだあると思います。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ