寒暖差アレルギー 対策

最近の秋は寒暖差が激しくなっている気がします。
暑さ寒さも彼岸までというのは、昔の話にようです。

昨日は汗ばむ陽気だとおもったら、今日は秋風がピューピューで
マフラーが欲しいくらい。

また、一日の中でも朝・昼・夜と目まぐるしく変わります。

こんな時期に熱があるわけでもないのに、鼻水・鼻づまり・くしゃみ
悩ませることはありませんか?

そんなあなたは、「寒暖差アレルギー」かもしれません。

◆寒暖差アレルギーとは

温度差アレルギーともいいますね。
医学的には「血管運動性鼻炎」といいます。

具体的なアレルギー抗原がなく、ちょっとした刺激で、
粘膜が反応し鼻水・鼻づまり・くしゃみなどの症状がでるんですね。

デリケートな鼻というんでしょうか・・。

逆に病院の検査で植物、ハウスダストのアレルギー抗原が発見されれば、
その花粉症であり、ハウスダストアレルギーです。

病院で検査した方がいいのですが、簡易的には以下の
症状だと寒暖差アレルギーの疑いありです。

・目の症状
炎症があるか。充血していなかったら寒暖差アレルギーの可能性あり。

・鼻水の色
透明だったら寒暖差アレルギーの可能性あり。
(その他のアレルギーも透明です)

・熱が高くない

・朝起きたとき、部屋から出たときに鼻がムズムズする

hanamizu

◆寒暖差アレルギー対策

・自律神経の調整

温度差というストレスに自律神経が反応します。
この自律神経の調整が何よりも有効です。

お風呂は温めのお湯にゆったりと浸かって、
リラックスして、体を温めましょう。

また、自律神経は主に食べ物に左右されます。
例えば甘い、冷たい、油っこい食べ物は血液をドロドロに代謝を悪くします。
スナック菓子、アイスクリームなどは控えましょう。

代謝は言わば体温に直結します。代謝が悪いと寒くても体温が
きちんと上がらなくなります。

代謝を上げるにはビタミンB群が不可欠です。
これは食べ物の他にも腸内細菌が補っています。
しかし殺菌消毒された水道水やコンビニ、レトルト、インスタントなど加工食品ばかり食べると
タンパク質、脂質、糖質が過剰になりビタミンB群が多量に使われてしまいます。

また血液がドロドロになるとせっかく発熱したエネルギーが、
手足など末端部に行き渡らなくなります。

・寒暖差に負けない体

寒暖差に負けない体つくりも有効です。
それには、筋肉の量を増やしましょう。
筋肉は熱を発生します。

下半身の筋肉は量が多く、血液を押し上げる力もあります。
テレビを見ながらのスクワットでも十分効果があります。

また、首元をマフラーで温めたり、腹巻をしたり、
服装にもきをつけましょう。

・投薬療法

今まで述べたことは体質改善になります。
寒暖さアレルギーには一番有効な対策ですが、それでも改善しない場合は
病院で処方薬を頂きましょう。

他のアレルギー性鼻炎と同じように抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬
処方されます。




副鼻腔炎・蓄膿症・花粉症・アレルギー性鼻炎・鼻水・鼻づまりを自宅でたった3分で解消する方法



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ