大人も感染するはしか(麻疹)の効果的な予防方法とは

日本の「はしか」については、排除状態にあることを平成27年3月27日、世界保健機関西太平洋地域事務局に認定されています。

しかし、平成28年9月には関西国際空港で31人の集団発生がするなど、まだまだ、大人の発症例が見られます。

子供の病気というイメージが強い「はしか」ですが、大人も感染します。そんな、「はしか」ですが、効果的な予防方法はあるのでしょうか。

 

「はしか(麻疹)」の効果的な予防方法

 

実は、「はしか」の効果的な予防方法はワクチンしかありません。

「はしか」は、マスクでは予防はできないのです。
「はしか」は、接触、飛沫、空気 (飛沫核)のいずれの感染経路でも感染します。

しかも、「はしか」ウイルスの直径は100~250nmと小さいため、マスクでの予防は難しくなります。
nm(ナノメートル)は1mの10億分の1ですので、想像もできませんが、とても小さいということは分かります。

マスク

「はしか」ワクチンですが、インフルエンザウイルスのように、毎年変異するわけではありませんので、1回受けるだけで95%以上の確率で免疫が獲得できますが、免疫を確実にするためには予防接種を2回受ける必要があります。

「はしか」の定期予防接種1歳の「1歳代(1歳の誕生日から2歳の誕生日の前日まで)」と 「小学校入学前の1年間」の2回あるのは、そのためです。

但し、例外的に平成19・20年に10~20代を中心に大きな流行があったことから、平成20年より5年間、中学1年相当、高校3年相当の年代に2回目の「はしか」ワクチン接種を受けている人もいます。

今まで、「はしか」のワクチンを受けたことが無い、または、「はしか」にかかったことが無いという方は、お医者さんにワクチン接種の相談した方がよいでしょう。

予防注射

 

「はしか(麻疹)」は怖い病気

 

◆「はしか(麻疹)」の感染力はインフルエンザの10倍以上

「はしか」の感染力はきわめて強いです。
「はしか」の免疫がない集団に1人の発症者がいたとすると、12~14人の人が感染するとされています。

インフルエンザでは1~2人ですので、その感染力の強さが分かると思います。

 

◆合併症が怖い

「はしか」はさまざまな合併症がみられます。

感染例全体では30%にも達するとされます。その約半数が肺炎で、頻度は低いものの脳炎の合併例もあり、特にこの二つの合併症は最悪の場合、死に至ることがあります。

 

「はしか(麻疹)」の治療方法

 

「はしか」については、特別な治療方法はなく、対処療法になります。

典型的な「はしか」の症状は、次の通りです。
約10〜12日間の潜伏期間の後、38℃程度の発熱及びかぜ症状が2〜4日続き、その後39℃以上の高熱とともに発しんが出現します。
主な症状は、発熱・発しんの他、咳、鼻水、目の充血などです。

布団

したがって、これらの症状に対する治療をすることになります。

特別な治療方法はないため、予防が重要になります。
繰り返しになりますが、「はしか」のワクチンを受けたことが無い、または、「はしか」にかかったことが無いという方は、お医者さんにワクチン接種の相談した方がよいでしょう。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ