受動喫煙の健康被害について

タバコについては、喫煙者自身の健康への悪影響はもちろんですが、タバコを吸っていない人が他人のタバコの煙を吸ってしまう、いわゆる受動喫煙も健康に深刻な影響を与えることが分かってきました。

2016年8月、国立がん研究センターは受動喫煙による肺がんのリスクを「ほぼ確実」から「確実」へ引き上げています。

受動喫煙の健康に対するリスクと日本の現状について、詳しくみていきたいと思います。

 

受動喫煙による発がん率

 

受動喫煙での肺がんリスクが高くなることは世界的には認識されていましたが、日本では国立がんセンターがリスクに対して「ほぼ確実」と明確なリスクは表明していませんでした。

しかし、2016年8月、日本人を対象とした9つの研究データをメタアナリシス(meta-analysis)という統計の手法を用いたところ、受動喫煙者はそうでない人に比べて肺がんの発生率が1.3倍になるということを確認し、「ほぼ確実」から「確実」に引き上げました。

なお、メタアナリシスは メタ分析、メタ解析とも言われ、複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること、またはそのための手法や統計解析のことです。医療研究においてかは、最も質の高い根拠とされています。

 

たばこの害

 

喫煙者本人については、肺がん以外にも肝がん、胃がんなどの発がんリスクは確実となっていましたが、受動喫煙にたいする発がんリスクを明確にしたのは初めてです。

国立がんセンターでは受動喫煙の影響を調べる段階は終わり、対策を取るべき段階となったとした上で、喫煙について「日本人のためのがん予防法」を以下の通りに修正しました

修正前:たばこは吸わない。他人のたばこの煙をできるだけ避ける
修正後:たばこは吸わない。他人のたばこの煙を避ける

 

その他の健康被害

 

受動喫煙については、発がんリスク以外の健康被害についても明らかになっています。
リスクを2レベルに分けてリスクを評価しています。

レベル1:因果関係が科学的に証明されている
レベル2:因果関係が科学的に疑われている

 

◆レベル1
・肺がん
・脳卒中
・虚血性心疾患
・乳幼児突然死症候群
・鼻への刺激症状

 

◆レベル2
・鼻腔・副鼻腔がん
・中耳疾患(小児)
・気管支喘息
・乳がん
・COPD(慢性閉塞性肺疾患)
・胎児の発育遅延、低出生体重児

 
ここで気になるのは、「乳幼児突然死症候群」と「胎児の発育遅延、低出生体重児」です。

小さなお子さんがいる家庭や、妊婦さんがいる家庭では絶対にタバコを吸ってはいけないですね。

取返しのつかないことになる可能性があります。

 

日本たばこ産業の反論

 

さて、ここで日本のたばこを生産している日本たばこ産業(JT)の反論です。

日本たばこ産業では、ホームページで以下の通り社長コメントを表明しています。

受動喫煙と肺がんの関係が確実になったと結論づけることは、困難であると考えています。

これまで、受動喫煙の疾病リスクについては、国際がん研究機関を含む様々な研究機関等により多くの疫学研究が行われていますが、受動喫煙によってリスクが上昇するという結果と上昇するとは言えないという結果の両方が示されており、科学的に説得力のある形で結論付けられていないものと認識しています。

出典:日本たばこ産業

 

しかし、日本がんセンターでは日本たばこ産業のが上げた死者数は恣意的に抽出されたものであり、母数や年齢などを調整したうえで比較すると確実に肺がんリスクは増大していると反論しています。

他にも日本たばこ産業の指摘事項がありますが、一つ一つを科学的根拠を示し反論の反論をしています。
科学的なデータ持っていますので、日本がんセンターの方に分があるようです。

 

%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf

 

そして、反論の最後を以下の通りに締めくくっています。

受動喫煙による疾病リスクが明確に示された以上、たばこの煙にさらされることは、人々の健康に危害を与えることと、社会全体に強く認識されるべきです。決して「迷惑」や「気配り、思いやり」の問題ではありません。

出典:日本がんセンター

 

今後の受動喫煙リスク対策

 

2020年の東京オリンピック・パラリンピック、2019年のラグビーワールドカップに向けて日本政府は受動喫煙に対する法規制の強化を検討しています。

これは日本が世界的に喫煙に対する法の整備が遅れていることに加えて、IOC・国際オリンピック委員会と、WHO・世界保健機関が2010年より共同で、「たばこの無い五輪」を提唱していることもあります。

具体的には屋内の完全禁煙(従来のような分煙だけでは不可)や、それに違反した業者、喫煙者への罰則の強化が検討しています。

 

%e7%ab%b6%e6%8a%80%e5%a0%b4

 

まとめ

 

◆たばこは喫煙者だけでなく、受動喫煙により、非喫煙者の発がんリスクが高まる。

◆2020年の東京オリンピック・パラリンピック、2019年のラグビーワールドカップに向けて日本でも喫煙に対して法規制の強化を進めている。

 

たばこは従来より「百害あって一利なし」と特に健康に対する害は認識されていました。喫煙者自身は自分の意志により喫煙していますが、非喫煙者にとっては迷惑なことです。

ただ、喫煙者を一方的に非難するのも、過去の事情もあるとは思いますので、公正で厳正な対応が望まれます。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ