低気圧頭痛が起こる原因について

天気が悪くなったり、台風が来たりすると頭が痛くなったりしませんか。

そう、低気圧頭痛ですね。

正式には低気圧頭痛という病気はなく、緊張性頭痛や片頭痛が気圧の低下によって、痛みが強くなる症状のことを指します。

では、なぜ気圧が低くなると、頭痛の痛みが強くなるのでしょうか?

対処方法がわかるには、まず原因を理解してからです。

実は、低気圧頭痛のはっきりした原因は分かっていないところがありますが、現在、以下の2つの点が、主な原因と考えられています。

隠す

 

血管の膨張と血行不良

 

まず、一番考えられる原因です。

気圧が下がりますと、身体の中では、異変が発生します。

よく、山に登るとスナック菓子の袋がパンパンに膨れたりします。これは、気圧が下がるため、袋の外から抑える力が弱まるため、袋の中の空気が外へ膨張するためです。

これと似たようなことが、人間の体の中でも起こっています。

頭の中の血管は通常より、膨張するため神経を圧迫し、痛みを感じます。

また、血管が膨張するということは、血圧が低くなり血流が悪くなるということです。肩凝りや首の凝りも起こり、ますます頭痛を強く感じます。

頭痛

 

自律神経の乱れ

 

自律神経には、「副交感神経」と「交感神経」の2種類があり、通常はバランスが取れています。

しかし、気圧の低下を感じると(内耳器官で感じます)、副交感神経が優位に働きます。

副交感神経は疲れた身体を休息モードにします。したがって、副交感神経が優位になると、以下の様な状態となります。

・血圧、血糖、心拍低下
・疲労感、意欲低下
・分泌、排泄機能活性化
・食欲増加、消化吸収促進
・心身のリラックス状態

身体の不調に加えて、血圧低下により、頭痛の痛みを強く感じます。

低気圧

 

まとめ

 

◆低気圧頭痛は通常の頭痛(片頭痛や緊張性頭痛など)の痛みが強くなる症状

◆頭痛の痛みが強くなる原因は、血管の膨張、自律神経の乱れから

 

低気圧頭痛の原因について、理解いただけましたでしょうか。

つらい低気圧頭痛、早く治したいですよね。低気圧頭痛の解消方法についてはこちらの記事をご覧ください。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ