メニエール病の治療に使われる薬

最近、よく聞く病名です。
ストレスも関係あるらしく、現代人に増えています。

また、有名人がメニエール病に掛かったというニュースも聞きます。
では、そんなメニエール病にかかった場合、どんな薬を飲めばよいのでしょうか。

◆メニエール病とは

簡単にメニエール病に関するおさらいです。

メニエール病とは「内リンパ水腫(内耳のリンパが増え、水ぶくれの状態)」により
極度のめまい、吐き気などの症状がでる病気です。

根本的な原因はストレス・睡眠不足・疲労・気圧の変化・几帳面な性格などが、
あると考えられています。


■ サトウ式耳鳴り・難聴・めまい改善術

katatumuri

◆メニエール病の薬

では、どんな薬が処方されるのでしょうか?

主な薬は以下の4つに分類されます。

・内リンパ水腫軽減に効果がある

血流改善薬     : 局所血流を増加させ、内耳の循環障害改善を図る。
ベタヒスチン(メリスロン)、アデノシン三リン酸二ナトリウム等

利尿薬           : 利尿作用により内リンパ水腫の軽減を図る。
イソソルピド製剤(メニレットゼリー)、アセタゾラミド

その他として、ステロイド薬、抗酸化薬 など

・抹消神経障害に効果がある

ビタミンB12製剤 : 神経細胞の代謝を促進し、前庭神経障害の改善を図る。
メコバラミン(メチコバール)

・自律神経症状の抑制に効果がある

自律神経調整薬  : 視床下部に作用し、自律神経のバランスを整える。
ジアゼパム

制吐薬          : めまいに伴う悪心・嘔吐の抑制を図る。
ジフェンヒドラミン(トラベルミン)、ドンペリドンなど

メニエール病には症状を抑えるためにこのような薬を処方されます。
しかし、根本原因はストレス・睡眠不足・疲労が関与していると考えられています。

したがって、薬による治療だけでは根本的な治療にはなりませんので、
ゆっくりとストレスの原因を見つめ直したり、生活習慣を改善していきましょう。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ