プロ野球の登録抹消とは

スポーツニュースでよく、「○○選手が登録抹消になりました。」と耳にすることがありますよね。

なんとなく、「あーこの選手は試合に出れないんだ。」と思いますが、正式な定義を調べてみました。

 

登録抹消の定義

 

「試合に出れない」という意味では合っています。

NPB(日本野球機構)では1軍の公式戦に出場できる選手の登録は最大28人です。登録抹消とはこの28人から外れるということです。

球場のベンチ

また、この28人のうち、ベンチに入れる試合出場可能な人数は25人までです。

各チームの登録選手はNPBのホームページで確認できます。

 

なぜ、登録抹消となるのか

 

では、プロ野球選手が登録抹消となる理由はなんでしょうか?

大きく3つ考えられます。

◆怪我によるもの
選手の怪我や体調不良などで試合に出れない場合。

◆成績不振
打者ならヒットが打てない、投手なら打たれてしまうなど、1軍で実力が発揮できない場合。

◆チームの再構成
本人の実力や意思に関係なく、控えの選手で他のポジションに人員補給が必要になった場合。これも本人の実力があれば、登録抹消いならないわけで、成績不振に近いかもしれません。

野球場

 

登録抹消と二軍落ちの違い

 

では、似たような言葉で二軍落ちと登録抹消の違いはなんでしょうか?

意味は同じですね。ニュアンスとしては、二軍落ちとは登録抹消のうち、成績不振によるものが多いみたいです。

「もう一度、二軍で鍛えてこい!!」という訳ですね。怪我やチーム構成の見直しの時は登録抹消という言葉は使いますが、二軍落ちという言葉はあまり使われないようです。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ