ファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスの違い

一度は乗ってみたい飛行機のファーストクラス。
私たち、庶民にとっては、ビジネスクラスも高嶺の花で、もっぱらエコミークラスです。

エコノミークラスはエコノミークラス症候群という症状があるくらいで、狭いシートで食事もいまいちですよね。
では、ファーストクラス、ビジネスクラスとはどんな世界なのでしょうか?

 

値段の違い

 

まずは、一番気になる値段です。飛行機の運賃は同じ場所に行っても、シーズンや前割り、会社によって異なるため、目安として東京⇔パリ間の値段を比較してみます。

お金

◆エコノミークラス

まずは、われらがエコノミークラス。
往復30~60万円です。格安航空会社ならば10万円台のところもあります。
まあ、感覚的にもこんなところでしょうか。

◆ビジネスクラス

次は、背伸びすればいけるかな?ビジネスクラスです。
往復約80万~120万円です。エコノミークラスの倍になってしまうんですね。

100万円を超えると庶民としては腰が引けてしまいます(^^;
この分を上乗せできるなら、ホテルにお金を掛けたい気がします。

現実的なところではマイルを貯めてアップグレートするというところでしょうか。

◆ファーストクラス

最後は羨望のファーストクラスです。
往復の運賃で、150万円~200万円です!!。国産車なら買えてしまいます。もしかしたら年収くらいかも?という値段です。

プラスαというか、値段なりのメリットはあるのでしょうか、普通の人は飛行機の移動に、こんなにはお金はかけられませんね。

 

シートの違い

 

◆エコノミークラス

エコノミークラス

出典:http://s.webry.info

シートの横も、膝の前も本当に大人一人がギリギリの広さです。
奥の人がトイレに行くときなどは、間の人が立たなくてはいけないです。

エコノミークラス症候群というありがたくない言葉もあります。椅子一つ分の空間ですね。

◆ビジネスクラス

ビジネスクラス

出典:http://www.smarttraveljournal.info

座席の幅はエコノミークラスの倍以上でゆったりしています。シートを倒せばベッドにもなります。
隣の人とふれることはありませんし、通路も広いですね。

快適な旅路が想像できます。ベッド一つ分の空間です。

◆ファーストクラス

ファーストクラスLH380F

出典www.zimbio.com

シートというか個室ですね。下衆なたとえですが、漫画喫茶の個室のようなものでしょうか。

こうしてみると、ファーストクラスに乗るということは、単に移動ではなく、寝台電車の旅行のように、移動時間も満喫するものなのでしょうか。
個室一個分の空間です。

 

その他

 

その他の違いといえば、機内食ですね。

エコノミークラスですと例えていうとコンビニ弁当のようなものですが、ビジネスクラス、ファーストクラスになりますと、レストランの食事のようなものです。

食器にも違いがあり、ドリンクサービスも全くグレードが違うものになります。

また、乗客一人当たりのキャビンアテンダントの人数も違うそうです。

なお、お金持ちの教科書(だと思ったのですが・・)世界の富豪はビジネスクラスを好むそうです。

理由としては、ビジネスクラスとファーストクラスのサービス差は、その金額ほどの差はなく、コストパフォーマンスが一番良いのだとか。
後は、ファーストクラスは有名人が乗っていたり、舞い上がってしまう人がいて、静かに過ごせないそうです。

一度はそんなセリフを言ってみたいものですが、自分の目的や身の丈に合ったクラスに乗りたいと思います。(金額的にそうせざるを得ないですが・・・)



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ