セルフメディケーションの節税の為にレシートは保管しましょう!!

セルフメディケーションは平成29年1月1日から開始される新しい医療費控除の特例です。

医療費控除というと、従来は医療費が年間10万円を超えた場合に適用されていました。

しかし、セルフメディケーションでは薬局で購入した薬品を1年間で1万2千円を越えた分について、(上限8万8千円)その年分の所得から控除されます。

この控除を受けるためには、対象の薬品を購入したレシートが必要になりますので、捨てずにきちんと保管しましょう。

%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88

 

セルフメディケーションとは

 

「病院に行く時間がない」とか、「軽い病気なら市販薬で直してしまおう」という方とっては、お得な制度です。
従来の医療費控除の10万円はハードルが高いという方も1万2千円くらいでしたら、到達するのではないでしょうか。

具体的には1年間(1月1日~12月31日)で世帯毎に集計できます。
対象の薬品を1万2千円を超えた分、上限の8万8千円までの部分について、所得控除されます。

%e8%96%ac%e5%89%a4

具体的な例を上げて説明しましょう。

※例 年間所得400万円の方が2万円の対象薬品を購入した場合、2,400円の減税となります。
(2万円がそのまま帰ってくるわけではありませんので、過度な期待はしないようにしましょう)

◆所等控除額
対象薬品の購入金額が2万円ですので、8千円(2万円 - 1万2千円)が課税所得から控除されます。

◆減税額
・所得税  8千円 × 20% = 1,600円
・個人住民税 8千円 × 10% = 800円

 

セルフメディケーションの対象となる人

 

1年間(1~12月)に健康の維持増進および疾病の予防への取組として一定の取組を行っている方です。

・特定健康診査
・予防接種
・定期健康診断
・健康診断
・がん検診

 

セルフメディケーションの対象商品

 

医療用から転用されたスイッチOTC医薬品という商品になります。
平成27年12月1日時点ではスイッチOTC医薬品の成分は82あり、その成分を含む薬品です。

対象の成分リストは厚生労働省が公表しています ⇒ スイッチOTC医薬品有効成分リスト

かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬 、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬などの薬品があります。
全ての薬品が対象となるわけではありませんので、ご注意ください。

対象商品のパッケージに、共通識別マークがついています。また、レシートにもスイッチOTC医薬品購入が表示される予定です。

%e3%83%89%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b0%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%a2

 

セルフメディケーションの注意点

 

従来の医療費控除制度(医療費や薬品の購入額10万円以上が対象)とは、併用できませんので、注意しましょう。
申告する場合は、どちらかを選ぶことになります。

 

まとめ

 

◆平成29年より、薬品を1万2千円(上限8万8千円)を超えた部分の所得が控除される。

◆控除申告のために対象薬品購入のレシートが必要。

◆従来の医療費控除制度とは併用できない。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ