キックスケーターの事故に注意!!

片足で地面を蹴って走行する「キックスケーター」。
子供に人気の玩具です。

持っているお子さんも多いのではないでしょうか。

そのキックスケーターですが、10歳未満の子供の転倒事故が相次いでいます、
そのため、消費者庁は、保護者らに注意を呼びかけています。

◆キックスケーターとは

ご存知ない方のためにキックスケータの説明です。

地面を蹴って進むハンドル付きの乗物の総称です。
スケートボードにハンドルが付いたみたいな形状です。

(中高年の方にはわかると思いますが、ローラースルーゴーゴーの
足ふみギアが無いものですね(^^;)

なお、よく聞く名前で以下のものは商品名です。

「キックボード」は K2、 「スティックボード」はウェッツアー、
「レーザー」「ローラーボード」「キックスクーター」はJDのそれぞれの商品名です。

◆キックスケーターの事故とは

下り坂や側溝などの凹凸がある場所での事故が目立つといいます。

消費者庁によると、2010年4月以降、医療機関などから寄せられた10歳未満の子供の
キックスケーター走行中の事故は53件です。

脳内出血や骨折などに至った事故も10件あり、このうち今年5月の事故では
小学4年生の女児が死亡しています。

・キックスケーターで道路を横断していた8歳男児が乗用車と衝突して重傷(8月 北海道)
・キックスケーターで遊んでいた小1男児がトラックにひかれ死亡(8月 神奈川県)
・キックスケーター中に7歳男児が乗用車にはねられて死亡(10月 福岡県)
・キックスケーター中に小5男児が乗用車と衝突して重傷(11月 神奈川県)

重大事故以外に表面化していない事故は多数あると推測されます。

傾向を見ると、「公道」「自動車」「男児」が被害者になる事故が多いです。

◆キックスケーターの事故を防止するために

では、安全にキックスケーターを楽しむためにはどんなことに
注意したらよいでしょうか。

以下にポイントを上げます。

(1) 車が走る道路では遊ばない
(2) いつでも止まれる速度で利用する
(3) ヘルメット、膝当てを着用する
(4) 取扱説明書に従ってメンテナンス・点検を行う



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ