イカの数え方の由来について

イカの数え方は独特ですね。ご存知の通りに1杯、2杯と数えます。

そのイカの数え方の由来について、調べてみました。

 

1杯2杯と数える由来

 

1杯2杯と数える由来はイカの形からです。

「杯」という漢字は、「木」と「不」が組み合わさっています。「不」は、花の「がく」の形で、膨らむという意味がありますので、膨らみのある器を表します。

よく「なんとか杯」といって、トロフィーを進呈しますが、その「杯」もトロフィーの膨らんだ形から取られています。

そこで、イカですが、その胴体の形を見てみると、イカ徳利やイカ飯の入れ物に使われるように、膨らんだ形をしています。そう!「杯」の形なのです。

イカの1杯2杯と数える由来はその胴体の形からなのです。

イカ

また、別の説で、イカやタコを軟体動物の貝類の一種として「貝(バイ)」と数えたことにちなむとする説もありますが、イカは「1バイ」「2バイ」とは数えませんので、ちょっと厳しいですね。

そもそも、イカを貝類とみなすのも強引な感じがしますし。

 

生きている時は1匹2匹と数える

 

釣り番組なのでは「イカを15匹釣った」などと、匹で数えます。

1杯2杯となぜ数えないのでしょうか?

これは、さすがに生きているイカを容器に例えることは相応しくないため、生きている間は1匹2匹と数えます。

なお、商品となってからも、活きの良さをアピールするために、あえて1匹2匹と数える場合もあります。

泳ぐイカ

 

他に1杯2杯と数える生き物は

 

イカの他にも1杯2杯と数える生き物はあります。

ヒントはふっくらと膨らんだ形をしている生き物です。

具体的にはタコ、フグ、アワビが商品になってから1杯2杯と数えます。

フグの看板

 

まとめ

 

・イカを1杯2杯と数える由来はその胴体の形が「杯」をイメージするため。

・生きている時は普通に1匹2匹と数える。

・イカの他に、タコ、フグ、アワビも1杯2杯と数える。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ