ひなたぼっこの由来 「ぼっこ」ってどういう意味?

「ひなたぼっこ」てなんとなく言葉の響きが良いですよね。

なんとなく、のんびりとした子供の頃を思い出します。日光浴とはまた違った響きですよね。

でも「ひなたぼっこ」の「ぼっこ」とはどういう意味なのでしょうか?

ちょっと不思議な音感ですよね。実は複数の説があります。

 

◆ほっこり?◆誇り?

◆惚ける?

 

誇り

 

元々は古語で「日向ほこり」という言葉があり、なんと、今昔物語の時代からあったそうです。

この「日向ほこり」が促音便化。つまり言いやすくなって「ひなたぼっこ」となった説です。

この「ほこり」が「誇り」から由来するということです。

昔は日向に当たることが名誉に当たることだったのでしょうか。

 

ほっこり

 

もう一つの説は「ほっこり」から由来する説です。

「ほっこり」とは温かくなるとか、ホットするとか、和む、穏やかになるなどの意味があります。

「日向」に当たって「ほっこり」する。個人的には一番しっくりする由来です。

 

惚ける

 

最後の説は「惚ける」から由来するという説です。

「ひなたぼっこ」は「日向惚け在り」(ひなたほうけあり)と言っていて、この言葉の意味は日を浴びて惚けていることです。

惚けるとは「ぼんやり」とするという意味があります。

「日向」に当たって「ぼんやり」とする。これもいいですね。

 

まとめ

 

「ひなたぼっこ」の「ぼっこ」の由来は諸説あり。「誇り」、「ほこり」、「惚ける」


スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ