こども達に伝えたいお正月に「お雑煮」を食べる意味

お正月に「お雑煮」を食べる意味をご存知ですか?
なんとなく、お正月だからという理由で食べていないでしょうか。

実は大切な意味があったのです。
日本伝統の行事ですので、これからも子供たちに伝えたいですね。

 

神様からの頂きもの

 

まず、一つ目の意味は、家内安全を祈るという意味です。

お雑煮には必ずお餅が入っていますよね。古来、お餅は日本人にとって、お祝い事や特別の日に食べる大切な食べ物でした。

また、お正月には神様(歳神様)がいらっしゃると言われています。

新年を迎えるにあたり、神様へ大切なお餅と一緒に、その土地の作物をお供えをしました。

そして元日に神様から、そのお供えをお下がりとして頂くのがお雑煮の始まりです。

お雑煮を食べる時は、神様へ旧年の収穫や無事に感謝するとともに、新年の家内安全や豊作、商売繁盛などをお祈ります。

%e3%81%8a%e7%a5%88%e3%82%8a

 

身体に優しい

 

もう一つの意味は健康のためです。
お正月というとどうしても、人の集まりや挨拶が多く、食べ過ぎ、飲み過ぎで内臓に負担がかかります。

「お雑煮」という言葉には、元々「内臓を守る」という意味があると言われています。

お餅は元々、消化に良いものです。そこに、地方によって異なりますが里芋、大豆などの身体に良い穀物を入れて煮たお雑煮は身体に優しく健康に良い料理です。

お雑煮は室町時代から始まった風習と言われていますが、当時は宴会のはじめに出されて、胃を保護してからお酒を飲んでいました。

江戸時代の頃から現代のように鶏肉や魚などを加えた形になり、お正月料理をして定着しました。

%e3%81%8a%e9%9b%91%e7%85%ae

 

まとめ

 

◆お雑煮は神様へのお供えを頂き、感謝やお祈りをするもの

◆お雑煮は消化に良く身体に優しい

 

いかがでしょうか。今年はお雑煮を食べるときに意識すると運気も向上、健康間違いなしですね。

子供たちにも大切に伝えたいお雑煮の意味でした。

【お雑煮に関する記事】

※ 関東と関西のお雑煮はこんなに違う



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ