かわいい方言の「もんげー」は岡山弁ではない?

「もんげー」をご存知ですか? 言葉の響きが可愛く、耳に残りますよね。

最近、岡山県が一押しの方言です。

岡山県の英雄の桃太郎ともコラボしたりして、JRの駅の広告などでは本当によく見ますよね。

桃太郎

しかし、「もんげー」の詳しい意味は良く分からないところがあります。

しかも、なんと、岡山弁では無いという説もあります。

本当のところはどうなんでしょうか?

 

もんげーとは

 

小さいお子さんをお持ちの方ならすでに、ご存知のことと思います。

テレビアニメの「妖怪ウオッチ」の人気のキャラクター「コマさん」と「コマじろう」の兄弟の口癖です。

狛犬

「ものすごい」という意味です。

ちなみに、「コマさん」、「コマじろう」は神社の狛犬の妖怪です。双子の兄弟で「コマさん」は兄、「コマじろう」が弟です。

妖怪といっても見た目はとても可愛いため、妖怪ウオッチの中でも主人公の「じばにゃん」人気を争っています。

また、この「もんげー」ですが、「もんげー驚いたズラ」のように「ものすごく驚いたよ」の意味で使います。

「ズラ」も方言ですね。

妖怪ウオッチの「コマさん」と「コマじろう」の人気伴って、全国的に子供たちが岡山べである「もんげー」とか、「ズラ」とかを使っているそうです。

 

岡山弁ではない説

 

しかし、ここで「もんげー」は実は岡山弁では無い説が浮上しています。

発端は人気漫才師の「千鳥」です。

「千鳥」は岡山県の出身で、今は岡山観光大使の「おかやま晴れの国大使」となっています。

テレビ朝日系の「アメトーーク」で「もんげー」は”岡山弁ではない!”、”誰もつかっていない!”、”岡山県知事が可愛いし、流行っているから使おうと言った”などど暴露トークをしました。

びっくり

本当のところはどうなんでしょうか?

実際は方言では良くあることなのですが、年代や地方によって、方言の使い方が違います。

「もんげー」も岡山の一部の地方、年代の方は使っているので、一応、岡山弁でいいようです。

しかし、最近は、「ものすごい」とニュアンスが近い「でーれー」「ぼっけー」に押され、「もんげー」だんだん使われなくなってきているようです。

ここでは「もんげー」は岡山弁であると認定いたします。

日本語は難しいですね。もんげー勉強になったズラ・・・。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ