お正月のおせちの意味は?

お正月といえばおせちですね。
縁起ものではありますが、その意味や由来をご存知でしょうか。

お正月のおせちについては、一つ一つの料理に意味があります。
その意味について、分かりやすく説明します。

 

おせち料理とは

 

まず、最初に「おせち料理」とはどういうものでしょうか?
基本的なところですが、ズバリ正月に食べるお祝いの料理です。

漢字では「御節料理」(おせちりょうり)と書きます。もともと『おせち』とは『節供(せっく)料理』の意味で、五節供の料理の一つです。

五節供とは、一月一日の『元旦』、三月三日の『ひな祭り』、五月五日の『端午の節句』、七月七日の『たなばた』、九月九日の『重陽』(ちょうよう)の5つの節供(節句とも書く)をいいます。
(九月九日の『重陽』は現在ではあまり聞かない行事ですね。)

江戸時代の頃から最初のお正月のお祝いに食べる料理のみが、習わしとして残りました。

おせち料理

 

おせち料理が日持ちするもので出来ている理由

 

おせち料理ですが、日持ちするもので構成されています。
その理由は二つあると言われています。

一つは、普段、食事を作ってくれる女性に正月三が日は休んでもらおうという意味。「男子、厨房に入らず」という言葉がありましたが、今では料理する男性は少なくありませんので、男性、女性に限らずお正月は休みましょうと解釈しも良いかもしれません。

もう一つは、「神様をお迎えした新年に台所を騒がせてはならない」とか「火の神である荒神を怒らせないために、正月に火を使わない」という平安後期からの風習のためです。

いずれにしましても、お正月は騒がず、ゆったりと過ごしましょうということでしょうか。

お正月

 

なぜ重箱に詰めるの?

 

おせち料理を重箱に詰め、重ねて用意するのは、めでたさを重ねるという意味で縁起をかつぐためです。
四段重が正式ですが、地方や家風によって、五段重が基本の場合もあります。
最近は大家族でなくなり簡便に三段重のところが増えています。(我が家もそうです)

 

料理の一つ一つの意味

 

おせち料理の種類は多く、地方の風習も様々ですが、ここでは代表的な料理の種類の意味について説明します。

◆紅白蒲鉾
蒲鉾は「日の出」を象徴するものとして、元旦にはなくてはならない料理です。紅はめでたさと慶びを、白は神聖を表します。

◆伊達巻
「伊達」の由来は華やかさ派手さを表す言葉で伊達政宗の派手好きに由来することの他、諸説あります。見た目の華やかさでおせち料理の定番となりました。巻物の形は書物に似た形から学問や文化を意味します。学問や習い事の成就を願います。

◆錦玉子
黄身と白身の2色が美しい錦玉子は、その2色が金と銀にたとえられます。2色を錦と語呂合わせしているとも言われます。

◆栗きんとん
黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年を願います。栗は、「勝ち栗」と言って、縁起がよいとして尊ばれてきました。

◆黒豆
「まめ」は元来、丈夫・健康を意味する言葉です。「まめに働く」などの語呂合わせからも、おせち料理には欠かせない料理です。

◆昆布巻
昆布は「喜ぶ」の言葉にかけて、正月の鏡飾りにも用いられている一家発展の縁起ものです。

◆田作り
五穀豊穣を願い、小魚を田畑に肥料として撒いたことから名付けられました。

◆数の子
数の子はニシンの卵です。二親(にしん)から多くの子が出るのでめでたいとう意味で、古くからおせちに使われました。

◆えび
えびは、長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願って正月飾りやおせち料理に使われます。

◆お多福豆
「阿多福」という字が当てられ、文字通り福を招く食べ物として、祝い膳にはよく登場します。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ