「食事を大盤振る舞い」の大盤振る舞いの由来とは?

「今日は年に一度のご馳走の大盤振る舞いだ!」

「ボーナスがはいったので、大盤振る舞いしよう!」

などと使用する大盤振る舞いという言葉ですが、威勢が良くていい響きですよね。

しかし、大盤振る舞いの由来とはなんでしょうか?

 

大盤振る舞いの由来

 

大盤振る舞いは当て字です。

どの部分が当て字かというと、”大盤”の部分です。

本来は「椀飯振る舞い・椀飯振舞」と書きます。これは「おおばんぶるまい」と読みます。

ちょっと読めませんよね。

ご馳走

「椀飯」とは椀に盛った飯のことで、「わんばん」から「わうばん」、さらに「おうばん」へと音が変化していきました。

この言葉が出来たのは古く、平安時代です。平安時代、公事や儀式のときにお椀に盛った食事が振る舞われることを「椀飯振る舞い」と言いました。

江戸時代に入るとこの言葉は一般的に広まり、庶民でも、正月などに大勢の人を集めて開く酒宴を「椀飯振る舞い」と言うようになります。

現在では、豪勢な印象とその音から、現在は「椀飯」と「大盤」が混同されて「大盤振る舞い」が多く使われるようになりました。

いつも思うのですが、まさに言葉は生きているということですね。

ここまでの流れをみますと、「大盤振る舞い」という漢字は当て字というより、間違いに近い気がします。

しかし、現在では「大盤振る舞い」が正解ということですね。

千両箱

ちなみに「大判振る舞い」と表記することもあります。これは大判小判の大判からきているようですが、こうなるとどれが正解でどれが間違いか良くわからないですね。

なお、現代の言葉のでは、食事だけでなく、金品などを施す事をに対しても「大盤振る舞い」という言葉を使います。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ