「ごまかし」の語源はお菓子から?

舛添都知事は変にごまかさずに、素直に謝ればよかったのにー。
などに使われる「ごまかし」ですが、言葉の語源はお菓子から来ているという説があります。

「ごまかし」の意味というと、辞書を引くと、だます、人目を欺く、でまかせを言う、真実を隠す。などと良い意味ではつかわれません。
そんな「ごまかし」とお菓子はうまくつながりませんよね。

実は「ごまかし」の語源には諸説あります。代表的な二つの説を説明します。

 

お菓子説

 

では、一つ目はお菓子説です。この説は「胡麻菓子」を語源とする説です。

江戸時代に流行ったお菓子で「胡麻胴乱」というお菓子がありました。「胡麻胴乱」は小麦粉に胡麻を混ぜて焼いて膨らましたお菓子です。

a0002_001098
その見た目は、大きく膨らんで美味しそうなんですが、中身はスカスカの空洞だった。
または、胡麻がまぶしてあって、見た目はおいしそうなのに、肝心の味はとてもまずかった。(ここでも2説あるんですね(^^;)

この「胡麻胴乱」から見た目や体裁だけを取り繕って、中身が伴っていないことを「ごまかし」というようになった。

 

護摩の灰説

 

仏教の護摩焚きに関する説です。この説は「護摩かす」を語源とします。

5cfea922840767bb14b40f6735e411c0_s

祈祷の際に焚く「護摩(ごま)」に、「紛らかす(まぎらかす)」などと同じ、接尾語「かす」が付き、ごまかすになったとする説。
または、弘法大師の「護摩の灰」と偽って、ただの灰を売る詐欺師(「護摩の灰」といいます)がいて、言っていることと中身が違ったり、人を欺くことを指す説。(ここも2説ある・・)

いずれにしても決定的な説ではないそうです。なんか、ごまかされているようですね。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ